Beau♡ フランスからも週末の赤レンガに参加!/Michiko NAGASHIMA

IMG_3292

Bonjour! 日本のみなさん、こんにちわ。

この週末は横浜赤レンガ倉庫で行われる「GREENROOM FESTIVAL ’14」に参加される方も多いと思います。このイベント楽しいですよね。潮風が心地よい中で音楽にアート、そしてビール! サーフフィルムも大画面で見れたりして。ヨガもやりたいな〜♪

海外からもサーファーが毎年参加していますが、ここフランスのBiarritz(ビアリッツ)からも参加します!

IMG_3294

いろんなフランスのことわざをイラストに
してまとめた一枚。アーティストでもあり
ます。

「明日日本に旅立つんだよ」というタイミングでつかまえました。

IMG_3285

オレンジ色のカーディガンを着ているのがRobin。
手前は一緒に住んでるスノーボーダーのYrwan(エロワン)。
二人で一緒に日本へ行きます。

彼の名前はRobin Falxa(ホヴァン・ファルシャ)25歳。ロングボーダーです。幼少時代をアフリカで過ごし、フランスに戻ってからサーフィンを始めました。サーフィン歴は10年。それまではいろいろなスポーツをやっていて、テニスやサッカー、柔道は8年間(黒帯一歩手前)!

ただずっとサーフィンに興味があり、念願のサーフィンをやり始めてからは他のスポーツは一切ストップ。 「サーフィンは自分のしたいこと全てができるから」という理由だそうです。

ホームポイントはLes Cotes des Basques(レ・コート・デ・バスク)。あるサーファーは”ロングボーダーにとってパラダイス!”と言っていた場所ですが、Robinに言わせるとロングボーダーが増え始めたのはここ1,2年くらいだそうです。

Robin「日本で自分くらいの年だったらショートボードを選ぶ人の方が多い? フランスでも同じだよ(笑)。自分の場合は友達が最初に貸してくれたのがロングボードだったのと、自由を感じられたし、他にやっている人が友達を除いていなかったから。海では珍しがられたよ。ノーズライディングしていると笑われたりもした。ここ最近だよ。Biarritzでロングボードが流行ってきたのは。昔、笑っていたサーファーが海で会うと今は握手求めてきたりね(笑)」

なかなか強いハートをお持ちですな、Robinさん。

ズーム!

IMG_3283

洋服はRVCAにスポンサード

写真だと眼力かなり強めですが、実際は暖かい雰囲気で気遣いもできる気さくなフランス人。

Robin「ノーズばかりしているときもあったけど、オーストラリアに行って変わった。今もするけど多くはない。それよりターンを描いたり。波は白いまっさらな画用紙みたいなもの。 スポンサードされているサーフボードのGato Heroi(ガト・ヘロイ)も最高。ロングボードだけどスピードのことも考えられている。ボードと一緒に進化する。自分はいつも違った存在でありたい」

そんな彼のサーフィン映像は「GREENROOM FESTIVAL ’14」で見られます。オーストラリア、モロッコ、フランスでのフッテージはなかなか他では見られない内容になっているでしょう。ギリギリまで作業していました(笑)。

IMG_3300

これはフランスに残していくGato Heroi。
ほぼ全面にワックスが塗られています。
可動域広いな〜さすが

日本に持って行くサーフボードは計8本。そのうち実際に持って行くのは2本で、残り6本はすでに船で送り済み。その6本は日本で買えることもできるみたいですよ。

IMG_3289

単色使いが多い。手のひらサイズのこの絵は朝ご飯を食べなが
ら描いたそう。日本に向かう機内でも描くと張り切っていまし
た。影響を受けているアーティストはPicasso、
Jean-Michel-Basquiat

 またRobinはアーティストとしても活動中。こういった小さな絵画も日本での販売用に用意していました。

初の日本滞在は約2週間。この週末のイベント後は湘南→静岡→宮崎の順番で回る予定だそうです。海やイベントで会ったら是非声をかけてあげてください。喜びます!

詳しい動きは http://seakong.hatenablog.com でチェックしてみてください。

トリップの度に変化し、自身のオリジナルをますます追求していくRobin。 この日本トリップで何を感じるのでしょうか。 みなさん、お声掛けと同時に刺激も与えてあげてくださいませ♡

それではまた! À bientôt!

116

おまけ。2012年のRoxy Proコンテスト内でのロングボード
イベントに参加するRobin。波が小さ過ぎてご納得いただけ
ていない様子? ですがイイ感じに水が滴ってるのでアップ
してみました。どうですか、みなさん!?

BEACHLIFE STYLE MAGAZINE

© NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.