本誌特集「FRENCH BEACH GUIDE」の裏側/Michiko NAGASHIMA

15-07-23-Corporate-Honey-19-34-51

Bonjour ! みなさん、こんにちわ。

シルバーウィークいかがお過ごしですか? 天気と波に恵まれるといいですね ;-)

さて現在発売中の本誌『HONEY』No.10はお手に取ってもらえたでしょうか?
その中の特集「FRENCH BEACH GUIDE」を担当させてもらいました。ありがとうございます。

オセゴー、ビアリッツ、ゲタリー。場所は近いのに、それぞれ違ったサーフカルチャーを持っています。フランスは日本から遠いですが(ビアリッツは乗り継ぎも必要ですし!)、一度来てしまえば近いエリアで色々な事が味わえます、遊べます! その詳しい内容は本誌で(笑)。

撮影はすべてこの特集のために撮りおろしました。
今回は本誌で掲載しきれなかった写真をお見せしたいと思います。
(※写真クレジットはすべてDamien Dohmen)

まずはオセゴー編から。

セニョス寄りのオセゴーはビーチへのアクセスがどこもこんな雰囲気。ウエット着替える前、確実に波チェクはするものの、ビーチに辿り着くまでの ”おあずけ” 感がまた、いいんですよ

セニョス寄りのオセゴーはビーチへのアクセスがどこもこんな雰囲気。ウエットに
着替える前、確実に波チェクはするものの、ビーチに辿り着くまでの ”おあずけ” 感
がまた、いいんですよ

サーフポイントとして紹介したレ・クル・ニュを別角度から

サーフポイントとして紹介したレ・クル・ニュを別角度から。夏でも朝の時間帯は
割と静かです

モデルとして撮影させてもらったローカルのジュリー。サーフィン歴10年、ママ歴4年。その青い目で波を捉えると一気にサーファーの表情に変わる様子が印象的でした。サーフィン大好きなんですね

モデルとして撮影させてもらったローカルのジュリー。サーフィン歴10年、ママ歴
4年。その青い目で波を捉えると一気にサーファーの表情に変わる様子が印象的で
した。サーフィンが大好きということが伝わってきます

街中にあるアーティストコラボTシャツのステップアートstaff、ティファニーさん。親しみやすい笑顔でした。「ステップアートのTシャツは来年から日本でも売られるはずよ」

街中にあるアーティストコラボTシャツのステップアートstaff、ティファニーさん。
親しみやすい笑顔でした。「ステップアートのTシャツは来年から日本でも売られ
るはずよ」

 

 

次にビアリッツ編。

 

コート・デ・バスクのビーチ。潮がひいたときにあらわれる砂浜は、波にならされるおかげかいつもフラット!

コート・デ・バスクのビーチ。潮がひいたときにあらわれる砂浜は、波にならされる
おかげかいつもフラット!

「Jazz the Glass」の店内。この店があるガンベッタ通りは買い物通りでもあります。ビアリッツに来たら必ず通ることになるでしょう!笑

「Jazz the Glass」の店内。この店があるガンベッタ通りは買い物通りでもあります。
ビアリッツに来たら必ず通ることになるでしょう!笑

夏は道がクルマで混むのでローカルは原付移動を好みます

夏は道がクルマで混むのでローカルは原付移動を好みます

レ・ユニオン島からビアリッツにサーフトリップ中のアマンディーンとファニー。このクルマの中を見せてもらいましたが、ソファベッドが備え付けられていて、本当に移動する家! 

レ・ユニオン島からビアリッツにサーフトリップ中のアマンディーンとファニー。
このクルマの中を見せてもらいましたが、ソファベッドが備え付けられていて、
本当に移動する家!

 

 

最後にゲタリー編です。

15-07-23-Corporate-Honey-20-51-30

これは誌面に載っていない、坂下にあるカフェ、コスタルデア。こちらの方がカジュ
アルな雰囲気

コスタルデアのバー

コスタルデアのテラスバー。ブルーが基調の海感あるカフェ・バーです

本誌で掲載しているバー、エテロクリトの店内。ノルマンディーから来た友達をローカルが招いていました

本誌で掲載しているバー、エテロクリトの店内。ノルマンディーから来た友達を
ローカルが招いていました

ゲタリーのランドマーク、ホテル・マドリッ。この建物の奥がビーチです

ゲタリーのランドマーク、オテル・ル・マドリ。このホテルの奥方向がビーチです

サーフポイント紹介用に撮影しようとビダーのl'Uabiaにいったとき、波チェックしている女の子に遭遇。「サーフィンに興味があって」という未来のサーフガール、マーシャルでした

サーフポイント紹介用に撮影しようとビダーのl’Uabiaにいったとき、波チェック
している女の子に遭遇。「サーフィンに興味があって」という未来のサーフガール、
マーシャルでした

 

ぜひ本誌と照らし合わせてみてくださいね ;-)

撮影は盛夏の7月に行ったので、今はそれより街の雰囲気は落ち着いています。
波も適度なサイズがあり、過ごしやすいですよ。少し肌寒いですが(苦笑)。
来年のシルバーウィークの旅先候補に入れてもらえたら幸いです。

それではみなさん、また。 À bientot !

 

 

 

 

 

 

 

 

BEACHLIFE STYLE MAGAZINE

© NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.