サンセバの新ランドマークTABAKALERA/Michiko NAGASHIMA

IMG_3319

Hola ! みなさん、こんにちわ。

前回書いた美味しい珈琲屋さんが入っているスペイン・サンセバスチャンの施設、
Tabakalera (タバカレラ)

 

正面玄関

正面玄関

 

もともとはタバコ工場だったこの建物。
その一部を残しながら約4年に及ぶ大幅な工事を経て2015年9月に新施設Tabakaleraとして
オープンしました。

バスターミナル、Renfe鉄道の駅から地下道をくぐってくるとこの玄関に辿り着きます

バスターミナル、Renfe鉄道の駅から地下道をくぐってくるとこの玄関に辿り着きます

現代アートの普及と共有を一番の目的とし、複数の行政団体により運営されています。

公共施設の面が強く、アートや展示物を無料で楽しむことができます。

IMG_3280

エキシビジョンは3ヶ月間隔で変わるそうです

 

 

IMG_3275

 

図書館もあり、広く、本で学ぶ以外にも写真スタジオや楽器のバンドセットも用意されています。

左奥の緑バックが写真や映像を学べるコーナーです。図書館のあり方も現代的!

左奥の緑バックが写真や映像を学べるコーナーです。図書館のあり方も現代的!

図書館内には従来のように静かに過ごすスペースも設けられています。眺め、椅子、空間が素敵! 何時間でもいられそう

図書館内には従来のように静かに過ごすスペースも設けられています。
眺め、椅子、空間が素敵! 何時間でもいられそう

無料で楽しめることがたくさんなのに加え、内部空間がとてもオシャレ。
置かれている椅子一つ一つをとっても、意味のあるものに思えてきます。
(実際意味があるのだとは思いますが)

MUJIの椅子も使われていました! ありがとうございます

MUJIの椅子も使われていました! ありがとうございます

サン・セバスチャンという街は小さいながらも、いろんな魅力を携えた街だとつくづく思います。

波はもちろん、旧市街のバル街、海沿いにはヨーロッパらしさを感じさせる建物が並び、
新市街はスペインブランドを中心にショッピングが楽しめます。
そこにきて、現代アートが加わりました。

IMG_3317

屋上テラスにて、広報の方と。夏はここで簡単なBARが出るらしく、
グラス片手に夜景が楽しめそうです。潮風を感じながら。最高!!

このTabakaleraはBilbao空港や、フランス方面からのバスが到着するバスターミナル、
それとスペインの主要鉄道であるRenfeの駅から地下道で直結しています。
「この施設ができてから、ただの通り道に過ぎなかった場所が
人が足をとめる場所に様変わりしました」とは広報の方。

毎日朝から晩までオープン(展示は曜日によって異なる)し、
週末は本当に大勢の人でにぎわっています。

サン・セバスチャンはバスク地方の主要都市のひとつで、保守的という声を聞かないこともありません。そもそもTabakaleraの施設が行政らによって買われたのが2003年、
それから施設の構想が上がってきたのは2008年頃。

建物が大きいので一朝一夕でできた施設ではないのはわかるものの、
ここまでくるにはやはり時間がかかっているのですね。

ちなみにまだすべては完成していません!

屋上のレストランがこれからできる予定だそうです(完成時期はまだ未定)。

ホテルがもうすぐ完成します

ホテルがもうすぐ完成します

サン・セバスチャンに来られたさいは是非お立ち寄りになってみてください。オススメです!

それではみなさん、また。Hasta Pronto !!

 

IMG_3246

1月末のスリオラビーチ

 

 

 

 

BEACHLIFE STYLE MAGAZINE

© NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.