Voila! 海藻と海水から作られた日焼け止め/Michiko NAGASHIMA

IMG_3035

Bonjour! みなさん、こんにちわ。
さて、今回は先週の記事で約束しましたBiarritz(ビアリッツ)発の日焼け止め「ALGA MARIS(アルガ•マリス)」の紹介です。

IMG_2509

出会いは「Quiksilver Maider Arosteguy (クイックシルバー・メデー・アロストゥギー)」という老舗のサーフィンコンテスト。
ビアリッツで作られていて、かつ4月から日本で売られている事に、ただならぬ縁を感じました。

そして日を改め伺ってきたのがこちら。
ラボラトリー兼オフィス、その名もLaboratoires de Biarritz(ラボラトワール•ドゥ•ビアリッツ)です。

IMG_3011

ピンクに近い赤壁がJolie! 19世紀の典型的な建物です

 

IMG_2997

なぜビアリッツ発なのか。
それはラボがあるから? サーフィンが盛んな街だから? それとも創業者夫妻が住んでいるから?

うーん。どれも全くハズレというわけではないのですが、ビアリッツ発と言える一番の理由は、成分にビアリッツを中心としたこの地域、Pays Basque(ペイ•バスク)の海藻が使われているからなのです!

か、海藻!?
ちょっとオクサマ聞きまして?
ここフランスでは少し珍生物的扱いを受けていて、海藻になじみ深い日本人としては日々寂しい思いをしていたところ、その海藻に対して前向きなフランス人がいたなんてー!!!

ハ、つい心の声が。取り乱してすみません。話を本題に戻します。

この地で採れる海藻は赤く、この色が持つ成分が紫外線対策やアンチエイジングにかなり効果的らしいです。(ちなみにこれは独自成分で特許を取得しています。特許名はAlga-Gorria(アルガ•ゴリア)

創業者夫妻のマダムMuriel(ミュリエル)に話を聞いてみました。

IMG_3028

より有効な成分を抽出するためビアリッツの海水も使われています

Muriel「私達は10月から2月くらいまでの間、ビーチに赤い海藻が大量に乗り上げられているのを知っていました。
海藻は昔から存在するもの。常に厳しく、強い日差しに照らされながら生き延びてきました。その過程で日差しに対して有効な成分を蓄えているだろうと考え、研究しました。その結果、紫外線対策やアンチエイジングに効く、強力な有効成分を抽出することに成功したのです。それを元にまず日焼け止めを作りました」

最初に選んだのがなぜ日焼け止め?
この答えは簡単で、彼女たちがサーファーだからです。
2011年に独自成分Alga-Gorriaの抽出に成功しましたが、それまでは市場に使いたい日焼け止めがなかったそうです。天然成分のみでできたものも少なく、またそういった日焼け止めは環境に悪く、肌にもよくない。子供の肌や健康を守りたい、同時にリスペクトしている海も守りたい。そんな強い気持ちが、彼女達を日焼け止めの開発に踏み切らせたのです。

さて、そんな彼女達ですが実はビアリッツ生まれではなく、以前はParisに住んでいました。

IMG_2998

「美しい肌とは健康な肌」というマダム、ミュリエル。近くで拝見しましたが、ハリのある肌で、生命力を感じてしまいした。多分ほぼスッピン。ナチュラル!

Muriel「サーフィンを始めたのは8年前。遅いデビューなのよ(笑)。子供と一緒に始めてね。パリに住んではいたけど、バカンスでよくビアリッツに来ていたわ。もともと薬剤関係の仕事をしていたから、知識は持っていたのね。
え、サーフィンが私たちの人生を変えたって?
•••(少し照れながら)Oui」

IMG_3020

伸びがよく軽い使用感。石けんで落とせます。

子供を守る親としての愛をはじめ、自然を守るサーファーとしての愛がたっくさん詰まった日焼け止め「ALGA MARIS」。
4月から日本でもバーニーズニューヨークなどで手に入ります。
ショップリストやより詳しい情報はこちらのURLからどうぞ。

http://www.verdad-jpn.com/algamaris/
(株式会社リボースカンパニー ベルダ事業部)

天然成分99%以上。Made in Biarritz。
特にこのSPF30は白浮きしづらく日常使いにもオススメです;)

それではみなさま、また来週。À bientot!

BEACHLIFE STYLE MAGAZINE

© NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.