HONEY

NEWS

ポルトガル・Ericeira/Michiko NAGASHIMA

Posted, June 24.2018

Ola! みなさん、こんにちわ。

本誌HONEYの最新号vol.21「Surf Romantics サーフシックに過ごしましょう」。

巻頭グラビアから、各特集まで世界各地のビーチの様子がわかります。
特にこの号は国際色に長けている気が。国や地域のラインナップが豊か!

その中でポルトガル・エリセイラのページを担当させてもらいました。

誌面になる前に撮った写真を少しお見せしたいと思います。

 

 

海のすぐ近くに建つ教会。建築様式が当たり前ですがフランスのものとは違います。カワイイ!

 

 

 

エリセイラには2つ教会がありました。そのうちの1つは中に入ることができ、壁にアズレージョがありました。ポルトガルらしさ

 

 

 

この国道の左側(海側)にエリセイラの町があります。この道をくだっていくと、Ribeira d'ilhas が現れます。ドライブの楽しい道

 

 

行ったときはストームが来ていたので、波はぐちゃぐちゃでしたが、ロケーションの良さは十分わかりました。晴れた日に波の面が整っていたら、それはもう最高なんでしょう!

 

 

Sunset Bamboo Barはエリセイラのほっとステーション

 

ポルトガルの海沿いを回ったなかで、
エリセイラは町として一番個性がありました。

今回は天候に恵まれず、海に入ることを断念。その分、次回に
ヨーロッパ一と名高いレギュラーの波を体験できることを楽しみにしています。

 

さて、フランス・ビアリッツの最近ですが6月は雨ばかりでした。

古い建物の水漏れや、川から海に流れ出る汚水による問題などで騒がれましたが、
やっと晴れの日が続くようになり、落ち着いていくようです。

夏至は過ぎましたが、これからが夏本番。

水温も上がり、日の出直後の入水でも3×2mmのウエットは少しあつかったです。
先月までは人の少なかった朝8時台も、キャリーケースをひく人や、
薄着で歩くグループの姿を見るようになりました。

 

意識して抑えないと数値的には低いけど、しかしずっと続く24H興奮状態。

夏が始まりましたね!

 

それではみなさん、また。Ate ja !

 

 

 

 

 

 

 

PrevNext