HONEY

NEWS

ロードトリップ in スペイン・カンタブリア/Michiko NAGASHIMA

Posted, September 20.2018

 

Hola! みなさん、こんにちわ。

 

スペインをロードトリップ中ですが、目的地のガリシア地方からバスク地方に向かい帰る途中にあります。
帰路はもちろん海沿い、カンタブリア海沿いを通って。

 

ガリシア地方の隣、アストゥリアス地方でも海に入りたかったのですが、この日は雨。
Salinasやその他の周辺ポイントの場所だけ次回のためにとチェックし、カンタブリア地方入り。

 

一晩明けると雨は止んだのですが、波はサイズダウン。

それでも入水してからバスクに戻りたいと、寄ってみたのがPlaya de Somo(プラヤ・デ・ソモ)です。

 

ビーチの長さは8km! 海に向かって左側は川。湾のような形になり、いくつか名称の違うビーチブレイクがあります

 

左奥の街はSantander ( サンタンデール)

 

サーフセンターなる建物がビーチ目の前に。施設内にはSomoビーチのサーフヒストリーが展示されていました

 

スケートパークもあります

 

ガリシアほどではないにしろ、海水はちょっと冷たかったです。今の時期バスクはまだワンピースでの入水もいけなくはない。こちらは2×2mmのウエットがあると安心な水温でした。でも外気は暑い

 

サーフセンターの建物内にシャワーが完備。足が砂で汚れません!

 

シャワーから見上げるバル。このバルから海が見え、潮風を感じながら美味しいピンチョスが食べられます。これぞ、スペインサーフ!

 

8kmもある広さといい、ビーチまわりの整った設備といい、
アクセスしやすく誰でも楽しみやすいポイントのようです。
ファミリートリップも良さそうです。
すぐ隣がSantander(サンタンデール)なので、空いた時間にバル巡りや観光も楽しそうです。

 

駐車場もビーチ目の前! 分かりやすい!!

 

しかしながらガリシア−アストゥリアス-カンタブリア-バスクと車を走らせると、
各々の地形の違いに気づきます。

アストゥリアスも川が多いのですが、カンタブリアスも川が多い上、山と海の距離が近いです。
河口の隣がビーチになっていたりと、河口とビーチがセットになっている場所が多い印象を受けました。

 

寄った日は小波だったのですが、サイズがある日にいけば形がキレイな波が割れていることでしょう。

 

海と山の隙間に高速道路が通っているような感じ。パノラマ感がすごい

 

高速から降りて途中で立ち寄った休憩ポイントから見えるカンタブリアの景色。ビルバオまで50km未満ぐらいの場所です

 

今回ガリシア-アストゥリアス-カンタブリア-バスクを通って目にしたのが、ガリシア地方にあるSaint-Jacuqes de comepostelle まで続く巡礼道(北の道)を歩く人たちの姿。
高低差の激しいカンタブリアの道路でも、歩く人たちの姿を多くみました。

自分は逆のルートを車で通っているような、しかし車でも遠く時間のかかる道のりです。

目的地は違っても途中のルートが同じというサーファーと巡礼者。

 

それもこのエリアならではの事なのでしょう。

 

大聖堂

 

旅はいいですね!  時間の使い方の勉強にもなりました。

 

それではみなさん、また。Hasta Pronto !

 

 

PrevNext