HONEY

NEWS

ロードトリップ in スペイン・ガリシア2/Michiko NAGASHIMA

Posted, September 12.2018

 

Hola! みなさん、こんにちわ。

 

スペインはガリシア地方に来ました。

 

A coruna(ア コルーニャ)という場所の上下海岸線沿いを波を求め移動しました。

 

今回はその上のエリアについてです。

 

Pantin、岩の横から割れるレギュラーが有名なポイント

 

 

Valdovinos方面から見たPantin。天気の変わりやすさはバスクで慣れていると思っていましたが、ガリシアはバスクを上回る天気の変わりっぷり! と感じました

 

 

ValdovinosはPantinに比べビーチが広い! アクセスする道もいくつかに分かれています。砂地に生えた海岸植物の中に敷かれた道を通っていきます。この日は風が強く波が小さかったので、カイトサーフィンしている人が多かったです

 

 

このエリアの有名ポイントというDoninos。駐車場からすでに波が見えます。ここで入ったのですが、波はホレていて少し時間が経つだけでレギュラー、グーフィと方向が変化。ピークも潮によってどんどん動いていきます。天気も変われば波もコロコロ変わる! 海の中で忙しいのですが、ホレたいい波で、入水した甲斐有りでした

 

 

駐車場とDoninosのビーチを繋ぐ砂道。細かく裸足で歩くのが気持ちいいです

 

Pantinで大きなサーフコンテストが開かれていたということもあるのか、
また波質もあると思いますが、このエリアの雰囲気は
リラックスFunサーフ、というよりはアドレナリン放出エキサイティングサーフ、
という感じでした。

 

 

コーヒーを頼むと素朴なお茶菓子がついてきます

 

名物のタコ煮。柔らかくて、皮の部分の食感がプルンの甘い。味付けはオリーブオイル、塩、パプリカパウダー。シンプルな美味しさ。このレストランはPantinビーチより少し北側、国道沿いにあります。サーファー御用達

 

 

フランスのブルターニュ地方と地形、天候、あとは民族の起源が同じケルト人ということで、
ガリシアとブルターニュは似ているそうです。

すでにブルターニュでサーフィンされたことがある方なら、ここの波はイメージしやすいのでしょう:)

波質はよく(ショートボード、ボディボード向け)、どこからしら波があり、水は冷たいですが人は温かい。
ご飯は海鮮系が手軽に食べられます。
のんびりした雰囲気をあえて維持しているような。
海と緑のパワーに溢れたガリシアでした。

 

そしてここらでガリシアを引き上げ、バスクに向けて海岸線沿いを戻っていこうと思います。

 

それではみなさん、また。Hasta Pronto !

 

 

 

 

 

PrevNext