HONEY

NEWS

旅日記 ~タンザニア編~ / ROXY PR Namiki Torikai

Posted, April 05.2018

サファリの後はアフリカのリゾート地へ

さて、ライオン編のあとはタンザニアのリゾート地、

ザンジバルへ行きました。

ハネムーン感を出そうと、アフリカのプロが提案してくれて、

これまた最高でした。

 

 

 

こちらがプロ一押しの海沿いのZaluというホテル

 

 

 

 

正面の建物がレセプションで、

そのサイドにある客室はコテージのように一部屋づつ個別の建物でゆったり。

↓ 部屋の外から見た景色

 

 

 

 

↓ ここでごろごろしながらスイカジュースを飲むのが最高!

アフリカはヨーロッパから比較的来やすいこともあって、

ヨーロッパからバケーションを過ごしに来る人が多いそう。

 

 

 

 

 

このスーパーリゾート、サファリの後に行ったもんで、

なんだかそわそわしちゃって、

天気も良くなくて海に潜る感じでもなかったから

二日目には近くの村へ探検に。

 

 

↓ みんなにこにこ、Jumbo! って挨拶してくれる。

ほんとに自転車のホイールで遊ぶ子っているんだな~

 

 

 

 

↓ 換金に来たら、おいおい、稼ぐ気あるのかってくらいのオープン時間 (笑)

そういうの見つけると嬉しくなる

 

 

 

 

タンザニアにはカンガという布が町の中にたくさん。

服にもバッグにも赤ちゃんの抱っこひもにもエプロンにも、ショールにも、

100通りの使いかたがあると言われているそう。

鮮やかなカンガは干してあるだけで明るい気分になれる。

端にはことわざや、愛の言葉、教訓がスワヒリ語で書いてあって、

お土産に買ったお土産の布の一つ一つを調べてみるのも楽しいから、

見つけたら見てみてね。

 

↓ これは右の3つがカンガかな?

 

 

 

 

↓ カンガをショール代わりにまいたお姉さんが髪の毛を編んでる様子。

写真に撮らせてって頼んだら、

恥ずかしがりながらOKしてくれた。

懐かしいな~、お母さんに頼んで編んでもらった体育祭を思い出す。笑

 

 

 

天気が良くても良くなくても、

隣の村まで探検してみよう、って

なるべくその土地の人たちの生活に近づかせてもらうのが好き。

 

 

 

リゾートで、一緒に行った人と海とだけを満喫するのも良いけど、

それじゃあせっかく遠くまで行くのにもったいない。

 

 

 

 

 

 

この素敵なホテルにさよならをして、

タンザニアのストーンタウンへ。

ムスリムの人が多いこともあって、イスラムの影響、

インド人の多さからインドの影響、

そしてアフリカ、

そんな多国籍な文化の入り混じった不思議な街。

 

 

 

 

 

 

なんだか映画のような街で、

ドアがどこもかわいい。

↓ 街に合わせてエスニックコーデ。

パンツは毎年出るたび買っちゃうROXYのらくちんパンツ。

 

 

 

 

↓ 何十枚も撮った末、

この形ばっかり撮っていたことがわかった、好みのドアらしい。

 

 

 

 

↓ 時々ドアの前で休憩。の旦那さんが現地のおにいさんみたいだった写真。

 

 

 

 

この街では移動に便利なこのホテルに。

移動はなるべく徒歩で、地理を覚えたい派。なので、

昔ながらの地図を持って、時々人の見ていない隙に地図をぱっと確認しながら、

目的地まで、時には目的もなく歩いてうろうろするのが好きなんだよなあ。

 

 

 

そんなこんなでハネムーンでアフリカ、これにて終了。

アフリカ?って驚かれますが、

いやいや心の底から、おすすめですよ。

 

次回は私のアナザースカイについて書きます、

では、また。

 

 

 

◆ROXY PR Namiki Torikai さんの別の記事はこちら

旅日記~ケニア編~/ROXY PR Namiki Torikai

 

◆「旅」にまつわる記事はこちら

Byron Bay ∴ Beach Life ∴ Retreat/HONEY編集部

 

◆「旅」をテーマにしたHONEYはこちら

HONEY(ハニー)#19

HONEY(ハニー)#17

PrevNext