HONEY

NEWS

Beach House 本誌未掲載カット/Michiko NAGASHIMA

Posted, December 21.2018

Bonjour ! みなさん、こんにちわ。

 

『HONEY vol.23』(12月7日発売)はもうお手に取られましたか?

長谷川潤ちゃんの表紙から巻頭グラビアの流れで気分が上がり、
インテリア企画から、移住インタビュー、イタリアサーフ事情まで...etc
読み応えたっぷりですね!
夜の長い冬も退屈しなさそうです 😉

 

さて今回インテリア企画の中、世界のビーチハウス、フランス編を担当させてもらいました。

Hossegor の近くにある。巨大な敷地に建つ家&ゲストハウス「CocoBarn」を取材させてもらったのですが、
本誌に載せきれなかった写真をディテールメインでお見せしたいと思います。(©Mélanie Bordas Aubiès )

 

 

リビングの1角に備え付けられた棚。実は天井から紐で吊るされたブランコ方式。地震被害が少ない国ならではのアイデア

 

キッチンのコンロ台はレンガ仕様

 

キッチンの収納スペースは木の果物カゴを再利用。パレットにキャスターをつけ、その上に載せることで出し入れしやすいようにした

 

 

 

インテリアグッズではないものを使い、インテリアを楽しんでいます。

 

 

トイレットペーパーがけにも手を抜きません!

 

サーフィンが生活の一部になっているので、サーフを感じるアイテムがところどころに自然と…。

 

 

 

リビングにはサーフボード型の時計

 

 

 

ディテールメインでお見せしましたが、全体像はぜひ本誌でお楽しみください!

 

こちらフランスのビアリッツはクリスマス前になると少し暖かくなりますが、
今年も最高気温が15℃を超えるなど温暖な日々が続いています。
海の方は相変わらず波のサイズは大きく、風もオンショアとハードコンディション。

 

21日の冬至の日が過ぎると、2週間のクリスマス休暇がスタート。
21日、22日はクリスマスを実家で過ごしたり、家族が集まる場所へ行こうと
フランス国内中で大移動があるでしょう。

クリスマスは日本でいうお正月のようなもの。1年で一番大切な家族行事です。

 

日本のみなさんも素敵なクリスマスを過ごせますように。

 

それではみなさん、また。À bientot !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PrevNext