HONEY

NEWS

Chairs for your work space 名作チェアでつくるワークスペース /HONEY編集部

Posted, June 26.2020

ずっと大切にしたいチェアで自分だけのスモールスペースを

リモートワークが広がってきたり、働き方がどんどん変わってきている今、自宅にワークスペースを持
つ人が増えている。仕事はもちろん、プライべートでものづくりをしたり、絵を描いたり、読書の世界
に浸ったり……そんな、アトリエ的な自分だけのためのスモールスペースを持つのはワクワクすること!

 

そんなワークスペースの相棒に欲しいのは、座り心地のいいチェア。せっかくなら名作と呼ばれるチェ
アをひとつ手に入れて、大切に使いながら、気分が上がるお気に入りのスペースを作るのはいかが?

 

ということで、チェックしておきたい名作チェアをHONEYがセレクト。チェア自体の魅力はさることな
がら、そのチェアが生まれた背景や、デザイナーについても紹介。ストーリーを感じる、愛着のわくも
のと一緒に、もっとハッピーで楽しいワークタイムを過ごそう。

 


 


Item 01 〈ハーマンミラーのイームズシェルチェア〉
アート作品のように空間の主役になれるデザイン

 

基本的にはナチュラルな部屋が好きだけど、ちょっとしたアクセントとしてポップなものを使いたい。
そんな人におすすめなのが、イームズのシェルチェア。座面の形やベース(脚)のデザインや、カラ
ーバリエーションも豊富なので、選ぶのも楽しい。鮮やかカラーなら部屋がぐんと明るい雰囲気に。

 

 

イームズのデザインから感じるのは、遊び心と冒険心。夫婦でたくさんのデザインプロジェクトを手掛
けたチャールズ&レイ・イームズは、世界をよりよく、より楽しくしたいという思いで仕事をしていた
という。重厚で高級な家具がメインストリームだった1950年代に「最大多数の人びとに、最高のものを、
最低価格で」を目指して生まれた、コンパクトながらも快適でコスパもいい、まさにモダンリビングの
ためのこのチェアは、家具の常識を覆した。シェルの背もたれは柔軟性があり、シートポケットは深く、
シート手前のフロントエッジが緩やかに下向きにカーブしているので、長時間座っても快適。イームズ
シェルサイドチェア ダウェルベース 幅46.5x奥行55x高さ81cm ¥61.000~/ハーマンミラー

 

 


Item 02 〈ハンス J. ウェグナーのCH24/Yチェア〉
上品でベーシック。大人なインテリアが好きな人に

 

背板がYの字になっていることから、Yチェアと呼ばれているこちらのチェア。とにかく佇まいが美しく、
落ち着き感のあるシックなインテリアにマッチする。背と脚は木、座面は紙製の紐を職人が丁寧に編み
上げたペーパーコードで、あたたかみがあり経年変化も楽しめる。上質な木の机と合わせて使いたい。

 

 

自然を感じる有機的なフォルムと天然木の風合い……。Yチェアにはオーガニックやナチュラルという
言葉がよく似合う。デンマークの名匠ハンス J. ウェグナーは、デザイナーである前に1人の木工職人で
あり、常に木材をはじめとする素材に敬意を払い、素材を生かしたディテールやクラフトマンシップを
際立たせる意匠を追求。その意思を継ぎ、現在チェアに使用する木材はサステイナビリティに配慮し選
ばれている。人間工学の理にかなったデザインでもあり、Y字形の背もたれはシンプルながらしっかりと
体を支える構造。中国・明代のチェアに着想を得たということからも、バックグラウンドの深さが伝わ
る傑作。CH24/Yチェア 幅55×奥行51×高さ76(座面高さ45)cm ¥85.000~/カール・ハンセン&サン

 


Item 03 〈アルネ・ヤコブセンのアリンコチェア〉
デザインの妙が光る、ちょっとモダンなチェア

 

部屋にスタイリッシュなエッセンスをプラスしたい人には、頭を上げたアリのような姿がアイコニック
な、アリンコ(アント)チェアをレコメンド。背と座が一体になったデザインはスリムで場所を取らず、
でも存在感は抜群。クールになりすぎないよう、ナチュラルな家具とコーディネートして。

 

 

1950年代にデザインされ、今もなお色褪せないデザイナーの鋭い感性を感じる一脚。アルネ・ヤコブセ
ンは、まだ白い壁が流行していなかった子供のころ、自身の寝室のビクトリア朝の壁紙を白で塗りつぶ
したというエピソードが残っているほど先見の明を持っていたデザイナー。自身が設計した会社の社員
食堂のために作られた初期デザインのアリンコチェアは、丸く大きなテーブルにたくさん並べられるよ
うにと3本脚で、その絶妙なバランスの美しさを持つオリジナルにもファンが多い。スレンダーなのに強
度は高く、背のくびれのおかげで程よい弾力があり、身体の形状や動きに柔軟に適応するのでとても座
り心地が良い。アリンコチェア 幅51×奥行48×高さ80.5cm ¥37.000/フリッツ・ハンセン

 


Item 04 〈アルヴァ・アアルトの66チェア〉
シンプルで可愛らしい。ホッとするワークスペースに

 

丸い座面がかわいいこのチェアは、なごみムードのインテリアが好きな人にぴったり。シンプルを極め
た無駄のないデザインで飽きがこず、でも見るほどに愛着がわいてくるような魅力がある。同じ曲げ木
の脚を使ったシリーズでテーブルやスツールもあるので、組み合わせると統一感が出て◎。

 

Artek furniture designed by Alvar Aalto

 

デザイナーのアルヴァ・アアルトの生まれ故郷であるフィンランドの森や湖など、自然からインスピレ
ーションを受けたと言われる優しいラインが印象的なチェア。カフェや海外インテリアのキッチンで見
かける木製椅子の原点ともいえるシンプルで普遍的なデザインだ。特徴的なのは、フィンランド産のバ
ーチの無垢材を独自の技術で曲げた脚「L-レッグ」。世界中でモダニズム運動が沸き起こった1920年代、
アアルトは合理性を考えたパーツのスタンダード化を考え、家具職人とともに曲げ木の技法を開発。こ
のレッグを使った家具シリーズはそのミニマルな美しさで広く人気を呼んだ。程よくしなる背もたれで
心地よくくつろげる。66 チェア 幅39×奥行42×高さ80cm ¥42.000~/アルテック

 


 

SHOP LIST

 

アルテック
カール・ハンセン&サン
ハーマンミラー
フリッツ・ハンセン

 

※商品情報は掲載当時のものであり、価格変更や品切れの可能性もあります。

PrevNext