HONEY

NEWS

Nature for Home Cleaning 家族と海に優しいお掃除 Vol. 04 /HONEY編集部

Posted, April 18.2020

Nature for Home Cleaning Vol. 04 BATH・TOILET

HONEY編集部がおすすめする、自然の力で家中ピカピカにできるナチュラルクリーニング企画の最終回。
今回は、バスルームとトイレのお掃除方法を解説。
 

バスルームや洗面台は皮脂や石鹸カスにカビ、トイレは尿汚れや臭い、とさまざまな汚れが混在。
合成洗剤に頼らず、場所ごとの汚れにあったお掃除術で清潔に!
 


 

シャワー・鏡
<白い水垢はクエン酸パックでスッキリ>
シャワーヘッドや鏡につく白い水垢汚れは、キッチンシンクなどと同じミネラル分の塊。放っておくと
落とせなくなるので、月2回程度クエン酸水をスプレーしてスポンジでこすり洗いを。落ちない場合は
キッチンペーパーを貼り付けてクエン酸パックを10分、乾く前にスポンジでこすり洗い&水洗い。掃除後や
1日の最後に、スクイージーなどで水滴を拭き取る習慣も、水垢を溜めない=掃除いらずにするポイント!

 

バスアイテム
<アルカリ性の石鹸カスをクエン酸で中和>
洗面器や椅子、シャンプーボトルなど、プラスチック製の小物類は表面にザラザラした白い汚れが。これは
シャンプーなどの洗浄剤と水道水のミネラルが反応してできたアルカリ性の「石鹸カス」。市販のお風呂用
洗剤で落ちないのはアルカリ性同士だから。なので酸性のクエン酸水とキッチンペーパーで5~10分パック
&水洗い。皮脂汚れもある場合は粉の重曹をスポンジにつけ、傷つけないよう優しくこすり洗いを。

 

カビ
<ガンコな黒カビになる前に日常ケアを>
タイルやゴムパッキンにつきやすいカビの原因は雑菌。黒くなる前のヌルカビなら、粉の重曹を研磨剤として
こすり洗い&水洗い。落ちない場合は、過炭酸ナトリウムで除菌・漂白を。洗面器で40℃のお湯1カップに、
過炭酸ナトリウム小さじ1を溶かして、キッチンペーパーを浸す。カビの部分にペーパを貼ってパック。
危険な塩素系漂白剤を使わずに済むよう、日頃からこまめにケアすることもナチュラルクリーニングの心得!

 

トイレ
<時間差で変化する汚れに合わせた洗剤を>
ついたばかりの尿汚れは酸性、1週間するとアルカリ性のアンモニアに変わり不快な臭いが発生。
便器の中は、酸性の尿汚れなら粉の重曹をまいてこすり洗い。時間が経った黄ばみやアンモニア臭は、
クエン酸水をスプレーしたトイレットペーパーでパック&こすり洗い。輪じみ予防には、除菌漂白
できる過炭酸ナトリウムを大さじ1入れておくといい。便器の外や床、壁は日常的にアルコール水を、
臭いが気になったらクエン酸水をスプレーして拭き掃除、と使い分けよう。

 

排水つまり
<重曹×クエン酸の発泡反応で除去>
お風呂の排水口はキッチンのように水をせき止められない場合が多いので、粉の重曹をまいてこすり洗い。
配管が詰まり、水はけが悪いときはパイプクリーニングを。鍋に2ℓの水、クエン酸大さじ2を入れ沸騰させる。
排水口に粉の重曹を1/2カップまき、クエン酸の溶けた熱湯を排水口に流すとよく振った炭酸水のように
いっきに発泡し、その勢いで詰まりが取れる。キッチン、洗面台の排水づまりも同様に。

 

浴槽・床・洗面台
<クレンザー効果が高い粉の重曹を>
お風呂のバスタブや床、洗面台などには、人の体から出た皮脂や角質汚れが。これらは酸性なので、
アルカリ性の重曹がオススメ。普段のお掃除も合成洗剤ではなく、クレンザー作用の高い重曹でお掃除を。
乾いた面では傷がつきやすいので、濡れた面に重曹を振りまいてブラシでこすり洗い、最後に水洗いを。

 

 

4回にわたってお送りしてきたナチュラルクリーニング企画、いかがでしたか?
掃除の手間を減らすコツは、強い洗浄剤を使うことではなく、汚れ別に洗剤を選ぶこと。
ナチュラルクリーニングは泡立たなくても汚れがサッパリ落ち、すすぎもサッとでOKな手軽さも魅力。
4つの成分だけでおもしろいほど家中がきれいになるから、日常のお掃除にぜひ取り入れてみて!
 


お掃除前に準備する、4つの天然成分クリーナー

 

①重曹
濃度1%で十分。水に溶けにくいので、40℃のお湯をバケツに2ℓ、重曹を小さじ5 入れて溶かす。
重曹水スプレーはお湯1カップ(200ml)に、重曹を小さじ1/2 入れて溶かし、1 日で使い切る。

 

②クエン酸水スプレー
水1 カップにクエン酸を小さじ1/2。2 週間で使い切る。

 

③アルコール水スプレー
濃度35%が最適。水110mlにアルコール90mlを入れ、合計200mlに。3ヶ月は使用可能。

 

④過炭酸ナトリウム
水に溶かすと酸素が発生するのでスプレーなど密閉容器は厳禁。
直前に粉をお湯に溶かすので、下準備は不要。

 


 

教えてくれたのは……

ナチュラルクリーニング講師 本橋 ひろえ さん

 

北里大学衛生学部化学科(現・理学部化学科)卒業。化学系企業にて水処理事業、合成洗剤製造などを担当。
退職後、家族のアトピーをきっかけに20年以上ナチュラルクリーニングを研究し、指導する講座は大人気。
TV・雑誌メディアでも活躍し、『ナチュラルおそうじ大全』(主婦の友社)など著書多数。

 


illustration : Yuko Saeki  composition : Ayako Minato
掲載:HONEY(ハニー)Vol.27

 

PrevNext