HONEY

NEWS

Plan your surf trip! 次に行きたいビーチリストVol.08「MEXICO」/HONEY編集部

Posted, May 20.2020

右手にタコス、左手にテキーラを持って夜を明かし、朝になったらまた海へ。

STAY HOMEが続く中……うずうずしているのが旅へ行きたい気持ち。世界中が平穏な日常へ戻ったら、
すぐ理想のサーフトリップへ飛び立てるように今が計画するのに最適な時間。

 

次の旅はどこへ行こう。絶対条件は海、サーフィン、おいしいご飯とショッピング。
HONEY Special Edition「GIRLS SURF BOOK」から、そんな私たちの旅欲を満たす21のビーチを厳選して
ピックアップし、9つの国に分けてご紹介。

 

Vol.8の今回は一度はその陽気なムードを肌で感じてみたい国、メキシコをピックアップ。
長いコーストラインには、バリエーションに富んだ波がブレイクする。
ハッピーオーラを放つこの国を満喫したい。

 

 

SAYULITA
カラフルな街並みがフォトジェニック

 

 

 

メキシコ西海岸のサーフタウン、サユリタはプエルト・バヤルタ空港からクルマで40分。カラフルな
フラッグが至るところに飾られ、ラテンミュージックが流れる陽気な雰囲気。小さな街でありながら
ショッピングスポットが充実していて、市場やセレクトショップが立ち並ぶ。

 

またカフェが充実し、ファーマーズマーケットも開催されているので、女子旅にぴったりのスポットだ。
適度に混んでいるバケーション地という感じで治安も良く、ほとんど英語が通じるのも嬉しい。
サーフィンのメインスポットは、メロウなライトの波が割れるサユリタ・ビーチ。

 

<Beach Data>
Best Season:5月~8月
Level:初心者~中級者
Bottom:ビーチ
Surfboard:ショート~ロング

 

 

ENSENADA
ビーチでワインと波を楽しむリゾート旅

 

 

 

アメリカとの国境から約110km南下したところにある、太平洋沿いの港町、バハ・カリフォルニアの
エンセナーダ。1940年代からサンディエゴのサーファーたちのデイトリップ先として人気で、今でも
リゾートタウンとして知られている場所。

 

メキシコ最高峰のワインの産地でもあるので、地元で獲れるシーフードを使ったメキシコ料理とともに
堪能したい。

 

素晴らしいサーフポイントがいくつかあるなかでも、特にサン・ミゲルというポイントはコンスタント
かつ波の質がいいことで有名。
ただし、南カリフォルニアよりも水温が冷たいので、フルスーツを忘れずに。

 

<Beach Data>
Best Season:5月、11月~3月
Level:初心者~上級者
Bottom:ビーチ
surfboard:ショート~ロング

 


 

photography:Hayato Masuda,Nik West composition:Alice Kazama
掲載:GIRLS SURF BOOK

PrevNext