HONEY

NEWS

Plan your surf trip! 次に行きたいビーチリストVol.07「SRI LANKA」/HONEY編集部

Posted, May 18.2020

インドの南東部に浮かぶ、1年中常夏の島国スリランカ。

STAY HOMEが続く中……うずうずしているのが旅へ行きたい気持ち。世界中が平穏な日常へ戻ったら、
すぐ理想のサーフトリップへ飛び立てるように今が計画するのに最適な時間。

 

次の旅はどこへ行こう。絶対条件は海、サーフィン、おいしいご飯とショッピング。
HONEY Special Edition「GIRLS SURF BOOK」から、そんな私たちの旅欲を満たす21のビーチを厳選して
ピックアップし、9つの国に分けてご紹介。

 

今回はHONEY#28でも特集した、光り輝く島を意味する“ SRI LANKA ”。
まだまだメジャーじゃないからこそ、真のビーチラバーにオススメしたい。
アーユルヴェーダやヨガのリトリートとセットで行くのもアリ!

 

 

HIKKADUWA
昼から夜まで賑やかなサーフィンの楽園

 

 

ヒッカドゥアはスリランカで一番賑わうビーチリゾート。空港からクルマで2時間。サーファー向けの
安宿から高級ホテルまで揃い、日本食やイタリアンなど様々な国のレストランが並ぶ開発されたビーチだ。

 

水はクリアでサンゴ礁も美しく、シュノーケリングやダイビングスポットとしても人気。サーフィンは、
ショート、ロングともに楽しめるコンパクトなリーフブレイクで、パーフェクトな三角波がブレイクする。

 

東海岸のアルガン・ベイとハイシーズンが真逆なので、訪れる時期に合わせてどちらかチョイスしたい。
ポイントまでは、三輪タクシーのトゥクトゥクで!

 

<Beach Data>
Best Season:11月~4月
Level:初心者~上級者
Bottom:リーフ
Surfboard:ショート~ロング

 

 

ARUGAM BAY
のんびりを楽しむ田舎の小さなビーチタウン

 

 

空港のあるスリランカ最大の都市コロンボからクルマで7時間30分。とても遠いが、パームツリーが並ぶ
アルガン・ベイには、わざわざ訪れる価値のあるハッピーウェイブが待ち構えている。メインのポイント
はレフトオンリーの中・上級者向けだが、端にいけばいくほどメロウな波質へと変化していくので初心者
でも安心だ。

 

ベストシーズンは8月~9月。ビーチフロントに宿が点在し、浜辺には欧米からの観光客たちがのんびり
バケーションを楽しんでいる。自然に囲まれた小さな街なので、波乗りとマッサージ、ヨガクラスなどを
体験しながらのんびりと過ごすのがベスト。

 

<Beach Data>
Best Season:5月~10月
Level:初心者~上級者
Bottom:リーフ
Surfboard:ショート~ロング

 


 

photography:KENYU,Kimiro Kondo composition:Alice Kazama
掲載:GIRLS SURF BOOK

PrevNext