HONEY

NEWS

PopUp Store Local Designers オセゴー/Michiko NAGASHIMA

Posted, April 30.2018

Bonjour ! みなさん、こんにちわ。

 

日本はGWが始まったと思います。いかがお過ごしですか?
フランスでも同じような時期に祝日があり、その年のカレンダーによって大型連休(にしちゃうフランス)になったり。

今年の場合ですが、ほぼ毎週3連休!
ひと月を通してゆるいバカンスモードが漂っています。特に南西フランス。

しかしこちらでは現在、航空会社エールフランスと鉄道会社SNCFがストライキ中。
3月からすでに始まり、6月下旬まで続くと公式アナウンスが出ています。

やはりその影響で、例年に比べるとビアリッツはパリなど都会からの客足が少ないとのこと。

地元に住む人間からしたら混雑が軽減されていいかもしれませんが、
なんせメイン産業は観光業。それに携わる人たちからしたら喜ばしいことではないのかもしれません…

が、ビアリッツのお隣、オセゴー(Hossegor)はまた少し事情が違うようです。

 

オセゴーはもともと車で来る人が多く、ストライキの影響はあまり感じていないそうです。

そう答えてくれたのはオセゴーの街中で「PopUp Store Local Designers」を主宰するマリー・バーバラさん。

 

この「PopUp Store Local Designers」は毎年春〜秋にかけてオープンするポップアップストア。
今年で5年目となり、同じ場所ということもあり、もはや恒例となってきました。

ローカルのデザイナーが出資し合ってお店を運営しているのですが、毎年出店者は違ってきます。
そこで、今年の顔ぶれを見てみたいと思います。

 

 

ライトボックスを得意とするPANTAI PANTAI
木枠はオセゴーのあるランド県の松が使われています。ローカルメイド!

 

 

 

母娘により1つ1つ手で染められたテキスタイルブランドMarram

インディゴ染めは昨年から人気。より洗練された印象になりました

 

植物由来の素材で染色しているのも特徴です。滋味深さを感じます。

ヨガで使われるアイピロー

 

 

 

 

 

ヨーロッパで生産されたレザーを使い、オセゴーでデザインされているバッグブランドのBrique Rouge。

去年の秋に誕生したばかりのブランドです。

 

大きさの違うバッグを前後にカスタム付けすることも可能。別売りのチェーンやストラップで、自分好みのスタイルが作れます

 

どこ産のレザーが使われているか、生産地マップも貼り出されているので、
お店を訪ねたさいは是非ご覧になってみてください。
某高級メゾンと同じ産地のレザーが使われていたりします。

 

 

 

ウールやコットン素材で織られたケープ&ポンチョブランドのLa Méricaine

以前、デザイナーのヴァレリーをHONEY本誌でも紹介したことがあります。
あれから時を経てママとなってもブランドは継続中。
色味がマイルドになった気がします。

もしかしたらこのお店で買うと、他よりちょっとお得値段かもです

 

 

 

 

 

マリー・バーバラ氏のアクセサリーブランド by LTE

 

クッションカバーはサボテン繊維から作られています。丈夫!

 

モロッコに住んでいたこともあるマリー氏。その経緯からモロッコ産やアフリカ系の小物も扱っています。

以上の5つが常駐ブランドとし、11月上旬のクローズまで常にお店にあります。

それ以外は時期にあわせ、いくつかのブランドが期間限定で登場。

一見さんも、リピートさんも飽きさせない工夫、それとクリエイター同士の刺激にも。

 

 

●「PopUp Store Local Designers
住所:40 place Pasteur , Soorts-Hossegor, Aquitaine, France

11月上旬まで毎日営業予定!

 

ビアリッツに比べると、期間限定のお店が多いオセゴー。
先駆者はここですが、追随店も出てきました。少しずつ紹介していきたいと思います。

 

それではみなさん、また。À bientot !

 

 

PrevNext