サーフィン前後の時間も心地よく過ごしたい。スイムウエアをファッショナブルに着こなせるコーデを紹介。

new summer classic style
Fashion Like


もっと自然体でスイムウエアを纏いたいという気持ちに応えて、ワードローブに馴染みやすいアイテムが今年は多くラインナップ。素材やデザインなどがまるで洋服みたい。いつもの装いにしっくりくるものはどれ?


スイムウエアだけでもファッショナブルな雰囲気だったけど、コーデにするともっと力を発揮してくれる。

ビキニ¥15.400 /Ungrid、パンツ¥19.800 /キーラ(ビームス ライツ渋谷)、ハット¥18.700/ヘレンカミンスキー(ヘレンカミンスキー ギンザシックス店)、チェーンネックレス¥33.000 /セルジュ・トラバル(アッシュ・ペー・フランス 本社)、コードネックレス¥13.200/ハリウッド ランチ マーケット、バングル¥7.700/Ungrid、サンダル¥17.600/マウロ デ バーリ×デミルクス ビームス(デミルクス ビームス 新宿)



温かみのあるコーデュロイ生地のトップが、まさかスイムウエアだなんて思わない。さりげなく海仕様のアイテムを仕込むなんて、サーフガールらしい着こなしでしょ。トップと同じような立体感を引き継ぐためにも、スカートだってキルティングステッチがデザインされたものを合わせよう。

ワンピース¥18.700/ズールー アンド ゼファー(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、ラップスカート¥8.800/Ungrid、サングラス¥20.900/RHC(RHC ロンハーマン)、ブラウンネックレス¥6.600、ゴールドチェーンネックレス¥11.000/共にノジェス、スニーカー¥7.700/ヴァンズ(ヴァンズ ジャパン)



ジャガード生地で立体感のある柄を表現した1枚は、メリハリのある装いを叶えてくれる。トップの着丈幅もしっかりあるからこそ、エレガントな肌見せができるはず。ブルーの統一感あるコーディネートは、スタイリッシュさもあり、シティシーンに馴染むこと間違いなし。

ビキニトップ¥24.200、ショーツ¥16.500/共にディータ(ピルグリム サーフ+サプライ)、ロングスカート¥26.400 /デミリー(サザビーリーグ)、シルバーネックレス¥35.200 /アガット、エスパドリーユ¥50.600/バスキービスポーク(ギャルリー・ヴィー 丸の内店)


CONTACT
SHOP LIST

他のサマーファッションはHONEY最新号をチェック。
HONEY#32 ¥850
ご購入はこちらから

SHARE