1. HOME
  2. SURF
  3. ノスタルジックでドラマチック! 写真家マット・スミスのポラロイドサーフフォト
SURF

ノスタルジックでドラマチック! 写真家マット・スミスのポラロイドサーフフォト

SURF

イギリス・コーンウォールをホームポイントとするサーファーであり写真家のマット・スミス。彼はフィルムカメラやポラロイドカメラが再熱する10年以上も前からカメラ片手にビーチでサーファーを撮影するのを好んだ。’50〜’70年代の様々な種類のヴィンテージカメラと、期限のとっくに切れたフィルムとの組み合わせは、時にとんでもなくノスタルジックかつドラマティックにサーファーを映し出す。15年以上撮りためた、彼のアートの一部をここで紹介。その裏にあるストーリーも想像しながら楽しんで。


フォトグラファー自身のホーム、セント・アグネス。どこか物憂げな空と海がいかにもイギリスらしい
コーンウォールで毎年行われているクールなサーフコンペティション「Smooth Movers」に出場するロングボーダー
この日最後の陽の光りが、サーファーを照らす。美しい湾、チャペル・ポース・ビーチにて
モルディブのボートトリップ。サーフポイントからポイントへの移動の途中。胸高まる時
モルディブ。船の後方でボードをセットアップ。サーフィン前後もひっくるめてひとつのストーリーとなる
誰もいないビーチへ続く道に、心惹きつけられる。沖で波がラインナップしているのがかすかに見えた。ポルトガルにて
ポーストーワン・ビーチで2人のロングボーダーが静かに海へと向かう。入り組んだイギリスの地形は波を探すのに最適だ

Matt Smith(マット・スミス)

ポラロイドカメラやヴィンテージフィルム片手にビーチに行き、サーファーやランドスケープを撮影するフォトグラファー。自然豊かでサーフィンでも有名なイギリスの最南西部、コーンウォールのセント・アグネスに家族と愛犬と暮らす。写真を撮りはじめてもう15年以上になる。

公式サイトインスタグラム

text:Alice Kazama