HONEY

2018.05.31

SURF

サーファーたちを繋げるWebサイト「Surfers Collective」/Michiko NAGAHSIMA

  • SHARE

世界遺産のアルコバサ修道院にて。ナザレへ行く前に

Ola ! みなさん、こんにちわ。 突然ですがみなさんは普段、どんなウェブサイトをみていますか? 何の情報を求めているかによって様々だとは思いますが、 サーフ系のURLがひとつはブックマークやお気に入りに入っていると思います。;-) 雑誌に比べ、Webサイトは始動するのが容易(継続できるかどうかは別問題)。 そのため色々なサーフ系のサイトが存在するのはみなさんもご存知だと思います。 ただし数が多いため、独自性を出してオリジナリティを出していかなければ…というのが普通の中、 「サーファー」や「サーフ」に関することであればALL OK ! 繋げちゃおう! そしてサーファー同士の交流の場として使って、というシンプルなウェブサイトがあります。 それが「Surfers Collective」。



330photogalleriesさんのご紹介でマリーに出会いました。場所はポルトガルのエリセイラにて。強風にも負けず、駐車場の柵に乗って遊ぶマリー

主宰するのはマリー、ドイツ出身の20代のサーフガールです。 アドレスはヨーロッパの波がある場所。 そこをメインに波を求め、世界中を移動しています。 最近ではアメリカの西海岸、冬はモロッコにいました。 そのマリーが出会うサーファーたちがどんどんサイトにアップされていきます。 サーファー、アーティスト、フォトグラファー、メディアなど、 見やすいようにカテゴリー分けがされていますが、共通するのは全員がサーファーということ。 マリーによる、サーファー図鑑です。

アップされているのは必然的にヨーロピアンが多くなりますが、 もちろんアメリカ人に日本の方も発見!



ナザレにてこの冬ビッグウェーブに挑戦したフレンチサーファーを訪ねた

Surfers Collective」が始まったのは去年の秋頃から。 「思い立ったら即行動に移さないと気が済まない」という性格から、 無名状態で始めたにも関わらず、instagramのフォロワー数はもうすぐ1万に届きます。

http://www.surfers-collective.com instagram ;https://www.instagram.com/surferscollective/

いろんなサーファーが一挙にみられるのはなかなか興味深いです。 それぞれのページから、各々のソーシャルメディアに繋がることができます。 どうぞ、訪れてみてください ;)

マリーはこの夏、ポルトガル - スペイン - フランスの海沿いへロードトリップに出かけるようです。 サーフィンはもちろん「なるべくプラスチックを使わない!」というのもテーマ。 その旅も様子も「Surfers Collective」にアップされていくかもしれませんね。



冒険家

それではみなさん、また。Ate ja !!

PICK UP

RANKING