HONEY

2019.03.31

SURF

イタリア発、ハンドメイドボードカバー「Mer Sea」

  • SHARE

Buongiorno ! みなさん、こんにちわ。イタリアのトスカーナでサーフボードケースを手作りする女のコに会いました。 彼女の名前はMarta (マルタ)。



ロングボーダーです。この日海に入っていた女子はおそらく2−3名ほど/50人以上。そのうちの1人。オープンマインドで優しく、面倒見のよい女性です。もともと身体を動かすのが好きで、サーフィンを始めたのは7年前。 それからハマりましたが、昨年の夏に肩を故障。 海に行っても入れないもどかしさを、サーフボードケース作りに転換。 そして「Mer Sea」(メルシー)というブランドを立ち上げました。



カーテンに使われるような素材を基本的に使用。ノーズ部分は厚みのあるガード性の高い生地を選んでいます



イタリア語で海は「Mare」(マレ)。道路場にその表記を見つけ、その通りに進めば海に辿り着けます。「Mer」はフランス語の海。マルタはフランス語を話せます。マルタのサーフィンライフは基本的に週末。パートナーと一緒にシエナから片道1時間ほどかけて、同じトスカーナ州の海までやってきます。 「サーフィンが好きだから1時間なんて問題じゃないの」。彼女の住むシエナは旧市街が世界遺産になっていたり、ワインが有名だったりとすでに魅力あふれる街。それがもたらす豊かさとサーフィンが「Mer Sea」に表現されているのでしょう。 「海だけじゃなくて、山側もキレイだし、歴史的なモニュメントもたくさんある。訪れてほしい場所ばかり」と自国、イタリアを愛しています。



イタリアに波があるのは秋〜春にかけて。昨シーズンは例年以上に波があったそうですが、今シーズンはうねりの数が少なかったそうです。この週末セッションは1ヶ月ぶり



女のコが増えてきたとはいえ、大西洋側と比べると断然メンズ社会! 女子は東海岸(ジェノバ超えた東側)の方が多いようです



マルタが入っていたトスカーナ州の海。イタリアは晴天が似合います



ケースの中に入っているのはマルタのロングボード。新品かと聞いてしまったぐらいに真っ白! 3年前から使用しているのが信じらないほど状態がキレイです。ワックスの汚れ、黄ばみ等ゼロ! 物を大切にするマルタ。物作りにも心がこもっています。「Mer Sea」はまだ立ち上がったばかりなので、オーダーや購入はインスタグラムより受付とのこと。 instagram/https://www.instagram.com/mer.sea/  このアカウントからイタリアのサーフィン事情も垣間みれることでしょう。「Mer Sea」はイタリア語、英語、フランス語対応です。 サーフィンをしていると、それをキーワードに世界と繋がれますね。 次回は海から少し離れ、フィレンツェについてお届けします。

text:Michiko NAGASHIMA

PICK UP

RANKING