HONEY

2020.07.05

CULTURE

HONEY recommend Books! -Today's theme is interior-

  • SHARE

MY HOMEYをもっと快適にするヒントを見つける

近場のカフェに足を運べたり、欲しい服を買いに行けたりと……ゆっくりだけど取り戻しつつある日常。 でも、遠出などアクティブな遊びはセーブしなくてはならないから、まだまだおうち時間を充実した ものにするため考えていかなくちゃ。

ということで、おうち時間がよりリラックスしたものへなるようにHONEY編集部員がオススメの本を ピックアップしてみたので、ぜひチェックしてみてほしい。

今回は“Interior”について。 おうち時間が長かったことから、自分のお部屋の心地よさについて考える機会も多かったかと。 どの家具を置いたらいいのか、どんなカラーリングが落ち着くのかなど、空間を今よりもっと自分らし く感じさせてくれるものへと導くヒントを本から得よう。



「Handcrafted Modern」 著:レスリー・ウィリアムソン



ウォルター・グロピウス、ジョン・カペル、アルバート・フライほか、ミッド・センチュリー・モダン に活躍したデザイナーたちの自宅のインテリアを紹介した写真集。サンフランシスコを拠点とする女性 写真家、レスリー・ウィリアムソンの視点によって、それぞれのデザイナーたちの作品をはじめ、家具、 食器、小物、書籍が置かれた日常の空間がやさしい光と共に切り取られ、彼らのくつろいだライフスタ イルを伝えています。

COMMENT!
「ミッドセンチュリーの名だたるデザイナーや建築家たちの自宅インテリアをまとめた本。建築自体の 素敵さはもちろんですが、ものの置き方や飾り方、経年変化した自然素材の味わいなど、惚れ惚れして しまうシーンが満載」

《購入はこちら》




「世界現代住宅全集07」 著:ジェフリー・バワ



「楽園」づくりの名手と呼ばれた建築家、ジェフリー・バワの代表作、33rd LANE(バワ自邸)とルヌ ガンガ(バワの庭園)を大きく美しい写真でたっぷりと堪能できる。スリランカで生まれ、複雑なルー ツを持つ混血人であったバワ。ヨーロッパとアジア、過去と現在、自然と建築など、さまざまな対立的 な価値観を融合したランドスケープと建築は、色褪せない魅力を放ち続けていることを実感できる1冊。

COMMENT!
「自然に溶け込む美しい建築、トロピカルでエキゾチックなディテールは唯一無二の存在感。眺めてい るだけでスリランカの光や風の中にいるような気分に浸れるので、ちょっと息抜きしたいときに開いて います」

《購入はこちら》



「Surf Shacks」 編集:Indoek



Surf Shacksは、サーファーの家と芸術的な習慣をより深く見ることができるインテリアフォトブック。 レコードコレクションを垣間見る、裏庭の庭を散歩する、または画家のスタジオを覗く……など、海岸沿 いと海辺の両方でサーファーの生活を写真から感じ取ることができる。街で過ごしていても、海を傍に 感じる家を作る参考にするべき一冊。

COMMENT!
「世界中のサーファーの家が収められた一冊。日本とのスケール感の違いに驚きながらも、センスの良 さに圧倒される。特にグリーンとアートの飾り方は個性があり、自宅でマネできるものも多いので参考 になる」

《購入はこちら》

PICK UP

RANKING