HONEY

2020.07.23

LIFESTYLE

Organic & Vegan Table オーガニック&ヴィーガンなお店を訪ねて Vol.01

  • SHARE

東京・神宮前〈ORGANIC TABLE BY LAPAZ〉

オーガニックやヴィーガンな食を心がけて、もっとヘルシーに美しく、地球にも優しい暮らしをして いきたい。そんな人たちのために、HONEY編集部が厳選したレストランやカフェを紹介する連載がス タート! 第1回は、東京・神宮前にある「ORGANIC TABLE BY LAPAZ」をピックアップ。



世界中の人がひとつのテーブルを囲んで、“おいしい”を共有できるお店

“第二の家”というコンセプトで2011年に誕生したORGANIC TABLE BY LAPAZ。スタイリストでもある オーナー・大田由香梨さんが、このお店を作ったのは東日本大震災がきっかけ。自分の存在意義を見つ め直し、生き方や考えを直接伝えられる場所を作りたいと思ったのがはじまりだったそう。

店名の「LAPAZ」とは“平和”を意味する言葉。いろいろな国の人たちがひとつのテーブルを囲んで楽し くごはんを食べられたらいいな、そんな思いから名づけられた。好き嫌い、宗教、体質などさまざまな 違いを乗り越えて、みんなで一緒に同じものを食べて「おいしい」って言える。それをイメージして、 たどり着いたのがヴィーガンだったという。



有機栽培、無農薬栽培のオーガニック食材にこだわりながらも、キーワードにしているのは「ジャンク フード」で、主力メニューはハンバーガーだ。契約農家が丁寧に育てた野菜を使い、調味料もソースも 全てが手作り。植物の持つ力を最大限に生かしながら、ジューシーな食感と深みのある味を出すことに 成功した、普段お肉を食べる人にも満足できるバーガーだ。実際、このお店をヴィーガンとは知らずに やって来て、食べてから種明かしされて驚く人も少なくないのだそう。

「ジャンクフードと聞いて興味を持って、実際に食べて感動してくれたら、有機栽培やヴィーガンの面 白さを知ってもらうきっかけになると思うんです。そういう意図で、あえて相反するジャンクというキ ーワードを使いました」と大田さんは話す。ヴィーガンやオーガニックと聞くと、多くの人は「味気な い、物足りない、高価」というイメージを持ちがちだ。それを払拭すべくORGANIC TABLE BY LAPAZ は、ボリュームも味付けもしっかり、見ても楽しい料理を心掛けているそう。野菜そのものの色や力を 大切にし、その魅力を引き出すことで、生産者とのつながりも感じることができる。

ハンバーガーのほかにも、スパイスからこだわって調合しているカレーや、ヴィーガン初心者にもチャ レンジしやすいソイミートのからあげなど、魅力的なメニューが並ぶ。8000年もの歴史をもつワイン発 祥の地ジョージアのクヴェヴリワインを味わえるのも、ファンにはうれしいポイントだ。



また、お店で使っているオーガニック素材や、ヴィーガン対応の調味料やお茶も販売。テイクアウトメ ニューもあるので、家でもお店の味を気軽に楽しめる。

生産者から東京の小さなお店のテーブルへ届いたおいしさが、やがて世界へ広がっていく。世界中の人 に「カッコいい」と言ってもらえるお店を目指して突き進んでいきたいというORGANIC TABLE BY LAPAZ。これからもどんどん進化していきそうだ。



〈Recommend Menu〉


【ソイフィレアボカドバーガー】 バンズは全粒粉入りの自家製手ごねパン。付け合わせは、契約農家から到着したばかりのフレッシュな 野菜を使ったサラダと、絶品との呼び声高いフレンチフライ。¥1.490


【ソイカラ丼】 ソイミートの唐揚げと自家製ピクルスのタルタルソース、それぞれの野菜の食感を楽しみながら混ぜて 食べるのがおすすめ。熊本の無農薬玄米酢を使った、雑穀玄米の酢飯もおいしい。 ¥1.250


【ヴィーガンレアチーズケーキ】 一日数量限定のVEGANスイーツも高い人気を誇る。自家製の豆乳チーズとレモンの爽やかでクリーミーな ヴィーガンレアチーズケーキ。 白砂糖・乳製品・卵不使用。 ¥650



ORGANIC TABLE BY LAPAZ
東京都渋谷区神宮前3-38-11原宿ニューロイヤルビル1F15号 ☎ 03-6438-9624 info@suenotokyo.com 公式HP

​Photography : Atsuya Sugimoto

PICK UP

RANKING