HONEY

2020.08.01

LIFESTYLE

Sustainable Home 愛のある家

  • SHARE

愛するものに忠実でいること。それが真のシンプルライフ

サステイナブルなアパレルブランドOuterknownのクリエイティブ・ディレクター兼デザイナーである ジョンと、自身のセレクトショップGeneral Storeをベニスにもつパートナーのハナ。

2人のヒストリーと共に創り上げられ、呼吸をしているような温かみを感じる美しい邸宅は、オールド・ ベニスの時代を意識した豊かなで幸せなライフスタイルという軸はそのままに進化している。2人が推 奨しているのはシンプルライフ。普遍的でありながら彼らにしか創ることのできないオリジナリティの あるライフスタイルと、それを反映するインテリアに迫る。



古き良き“オールド・ベニス”を未だ感じることのできる 閑静な住宅街に並ぶ美しい家々。その軒並みで 際立って美しいのが、’70年代のモダン建築物であるジョンとハナの家だ。3LDKの間取りに2つのバス ルームを完備したスペーシャスな間取りに、14歳の娘、10歳の息子、猫のジョー、そして犬のモブと 住んでいる。「僕がこの家に移り住んで間もなくハナもここへ引っ越してきたんだ。シンプリシティな 家の造りが購入の決め手だったよ」とジョンは話す。





2人が暮らすベニスは、クリエイティブな人々が枠にとらわれることなく集まっていたオールド・ベニ スの時代から、現在は観光地化し、テクノロジーワールドの中心地として近年変化を続けている。「僕 達は昔のベニスを心の何処かで求めているのだと思う。だから古き良きベニスの面影を残しているとこ ろに行くことが多いよ」。

彼らの家から自転車で5分も走れば海に到着する。「海に入っている時は昔のままのベニスを感じること ができるんだ」とジョンが話すと、「小さな町の持つアットホームさがあり、行きつけの場所ではいつ もの顔ぶれが揃うようなほっとする感じがある。だからやっぱりこの土地が好き」とハナが付け加えた。





ハンドメイドの美しいアイテムを愛し、それらを作るアーティストをサポートしたいというハナは自身 のライフスタイルを“ミニマムで自身の美学に忠実”だと語る。ジョンもそれに賛同し、加えてオーガニ ックでありながら、実用的かつサステイナブルであるスタイルが自分達らしいと話してくれた。「イン テリアに関してもサステイナブルであることが大切だと考えていて、長く愛用できるものが好ましいね。 ヴィンテージの家具やハンドメイドのものを選ぶというのは、とてもサステイナブル。生産者の愛情や、 ヴィンテージであれば前の所有者の思いを感じるものが良い」。





サステイナブルであるということは地球を愛し、それはコミュニティを通し自分にも反映される。愛の ある暮らしとは、一緒に住む人に思いやりを持ち、互いに耳を傾けるところから始まるとハナは言う。 「時を経て人は変化し成長するもの。お互い健康的でポジティブな方向であれば、変化していって欲し いと願い応援するわ。私達の場合その変化が自然と同じ方向を向いているの。We live simple!」。

シンプルライフというのはその人の捉え方、価値観によって実態が変わるもの。世間のノイズを聞かず、 自身が何を愛し、どの様に暮らしたいかに忠実にいることでライフスタイルを確立したふたりの暮らし には、愛が溢れている。







掲載:HONEY(ハニー)Vol.27

photography : Micafoto composition : Eri Beverly

PICK UP

RANKING