HONEY

2020.08.20

LIFESTYLE

Organic & Vegan Table オーガニック&ヴィーガンなお店を訪ねて Vol.02

  • SHARE

東京・南青山〈PARLOR 8ablish〉

オーガニックやヴィーガンな食を心がけて、もっとヘルシーに美しく、地球にも優しい暮らしをして いきたい。そんな人たちのために、HONEY編集部が厳選したレストランやカフェを紹介する連載。 第2回は、東京・南青山にある「PARLOR 8ablish」をピックアップ。



ワクワクするクリエイションとともに、ユニバーサルな食の愉しみを

クオリティの高さや洗練された雰囲気で、ヴィーガンの間で人気を呼んでいた「レストランエイタブリ ッシュ」が、この6月に「PARLOR 8ablish」としてリニューアルオープンし、再注目を浴びている。

今でこそヴィーガンは聞き慣れた言葉だけれど、まだ日本では馴染みのなかった20年前。南青山に「カ フェエイト」をオープンしたのが8ablishの始まり。ヴィーガンカフェの草分け的存在として頭角を現し、 その後2003年に「PURE CAFE」、2015年に「レストランエイタブリッシュ」へと、時代の変遷ととも に進化。そして創業20年の今年、もっと気軽にヴィーガンを楽しんでもらいたいという思いを込めて、 デザートや軽食が中心の「PARLOR 8ablish」として新たなスタートを切った。



今回の店名である“パーラー”という言葉から連想するのは、夢のようなスイーツの数々。提供されるメ ニューは、期待を裏切らない大満足のラインナップで、そのすべてがヴィーガンだ。卵、バター、ミル クなどの動物性食材、精製された白砂糖、添加物は一切使用していない。さらに、約8割のお菓子はグ ルテンフリー。できる限りオーガニック素材を使用し、ひとつひとつ丁寧に作り上げている。 また、 生産者やオーガニック食材を扱うメーカーとのネットワークにより、トレーサビリティが明確なものを 幅広く採用しているのもこだわりだ。

「ヴィーガンは制限が多い食事のジャンルです。その制限をネガティブに捉えればとても夢のない期待 されないものになります。アレルゲンなどの理由で食べるということに対して制限のある人、宗教上の 理由がある人……20年間の飲食事業の中で、国も習慣も様々な事を越えてヴィーガンというジャンルが 貢献できることが多いと知りました」と話すのは代表の川村明子さん。8ablishでは、食事の制限があ る人も安心して食べられるよう、さまざまな創意工夫をしながらフードやスイーツを生み出している。



料理や店内のデザインなど、隅々までクリエイティビティを感じるところも魅力のひとつ。川村さんの 本業はアートディレクターで、料理やお菓子の味はもちろん、パッケージデザイン、広告、空間、ユニ フォームに至るまで妥協せずに仕上げている。ユーモアやデザインを取り入れていくことで、ヴィーガ ンというジャンルの先入観を変え、長所を伝えていきたいと考えているそう。

良質で安心で美味しく、感性を刺激する8ablishのフード&スイーツ。パーラーにはギャラリーを併設し、 アートや音楽などのカルチャー企画を通して、サロンのような役割も担っていく。いつもワクワクと驚 きをくれるヘルシーでクリエイティブな場所として、今後も注目していきたい。



〈Recommend Menu〉


【パフェピーチメルバ】  山梨県、宝桃園の桃をまるごと使用した夏限定のパフェ。フレッシュさを残した桃に、やまもものソル ベ、アイスクリームなど異なる味わいを何層にも重ねたハーモニーが楽しめる。 ¥1.780


【米粉のパンケーキ】  こだわりの有機米粉を使用し、ふんわりと焼き上げたグルテンフリーパンケーキ。自然な甘さのアイスク リームとメープルシロップを添えて。 ¥1.380


【ボロネーゼスパゲティ】 ソイミート、マッシュルーム、野菜をじっくり煮込んだボロネーゼ。11時〜14時半までオーダーできる ランチセットは、サラダ、スープ、デリつき。ランチセット ¥1.580、単品(14時半以降) ¥1.400



PARLOR 8ablish

東京都港区南青山5-10-17 2F ☎ 03-6805-0597 火曜定休 公式HP

※8/1にグルテンフリー&ヴィーガンのお菓子を販売する「8ablish」も松屋銀座にオープン。

PICK UP

RANKING