HONEY

2020.10.09

LIFESTYLE

今あなたが食べるべき食材は?|9つの目的別「食養生」レッスン

  • SHARE

Healthy Food good recipes & nice ideas

大地の恵みに感謝しながらいただく食事。口に入れたものが、心や身体を作り上げてくれるから、内側をヘルシーな状態に導けるように食生活を見直していこう。そして気負わず、自分の身体が欲しているものに耳を傾けてみることも大切。そうすれば、毎日の食事が日課ではなく、楽しみになる。さぁ、素敵なFOODの世界へ。


Do you know 食養生?
いつも身体をフレッシュな状態に保ちつつ、自然治癒力を高めてくれるのは、日々私たちが自らの選択で摂取している食事。その食事を「何でもいいや」と偏ったものばかりを食べるのではなく、自分の身体に合った心地のいいものを選んでいくことが“食養生”の基本。ここで簡単なルールと、心得を知っていこう。


目的別に摂りたい食材

季節の変化や気候、月の巡りなどで感じる身体の変化や不調。そんな症状に、ケミカルなものに頼るのではなく、まずは自然のパワーを借りてメンテナンスを。そのために、今の自分に合った食材を知ろう。



身体を温める
身体の冷えが気になる……なんてときは、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、ごぼうなどの根菜を取り入れて。土の中で育った野菜たちが、身体を温める手助けをしてくれるから。発酵食品の味噌も代謝を促進するパワーの持ち主。



ストレス緩和
心地よくないなと感じてから無理に切り替えるのではなく、ゆっくりと対処していきたい。オレンジなどの柑橘類やピーマン、しそ、キャベツなどに含まれる“ビタミンC”で、ストレスに対抗するホルモンをつくる。



夜に眠れない時
さまざまな食材から助けを借りて眠りやすい身体に導く。ナツメで精神安定やリラックスした状態にし、モロヘイヤで腸を整え、脳を休める。さらにゴーヤなどの夏野菜で内側の熱を取り身体を養う。取り入れやすいものを選んで。

illustration : MORIHARU composition : Tomomi Tobitani

PICK UP

RELATED

RANKING