HONEY

2020.10.22

LIFESTYLE

マインドフルネス的「モノ」とのつきあい方|環境にも自分にも嬉しいアイテムと末永く

  • SHARE

15 Tips for Positive thinking

さまざまな価値観が変化している昨今、それにともなって鬱々としたり、不安になったり。そんな日々をポジティブにプラス志向で乗り切るヒントを、その道のエキスパートがしっかり伝授。自分に優しく、地球に優しく。新たな時代をハッピーに過ごすために。


好きな服を身にまとう

ちゃんと環境のことを考えているものを身にまとう。ずっと着られるものを買う。古着だってそう。好きなものを着るってそういうこと。


肩にかけたワンピース¥50.000、Tシャツ¥11.000/共にルイク、ドット柄ワンピース¥46.000/エム エル エム レーベル、白ハット¥26.000/ラック オブ カラー(共にジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、ネックレス¥34.000/ハルポ(ロンハーマン)、グリーンハット/スタイリスト私物


環境にも自分にも嬉しいアイテムを見極めて
下で紹介しているラ ブーシュ ルージュはマイクロプラスチックを一切不使用、オール ブルースはリサイクルされたスターリングシルバーもしくは18Kゴールドで作られていて、SNIDEL HOMEのカーデの生地は使用済みペットボトル。こんなに可愛くて環境にも優しい。これからそういったもの選びをしていきたい。





Check!
上写真_左から_チェーンブレス(シルバー)¥50.000、バングル¥38.000、ピアス¥47.000、リング(上シルバー)¥28.000、リング(下シルバー×18ctゴールド)¥24.000、ダブルチェーンネックレス¥80.000/以上すべてオール ブルース(エドストローム オフィス)、リップ各¥4.600、ケース各¥13.500/ラ ブーシュ ルージュ(ラ ブーシュ ルージュ 伊勢丹新宿店) 下写真_右_カーデ¥7.200、左_ガウン¥7.800/共にSNIDEL HOME

photography:Shohei Kanaya(model), Ippei Okuda(still) styling:NIMU(makiura office) hair&make-up:Mai Ozawa(mod’s hair) model:Daniela Di composition:Tomomi Tobitani special thanks:AWABEES

PICK UP

RELATED

RANKING