HONEY

2020.10.24

BEAUTY

今こそ知っておきたい「免疫力」を維持する漢方の知恵10選

  • SHARE

10 rules for boosting your immune system


04
深呼吸をしましょう
血液というのは心臓だけでなく、呼吸の力でも動いており、さらに「気」をコントロールしているのは肺です。だから呼吸が浅くなると免疫力、つまり衛気を届ける力が弱くなります。だから1日に1回でも2回でもいいので、深呼吸をしましょう。しっかり息を吐いたら、お腹から吸う腹式呼吸を行います。そして空気を肺に入れて、最後に肩まで空気がパンパンになるイメージまで吸って、吸った時間と同じくらい息を止めます。そして吸った時間の倍の時間をかけて全部吐き切ります。吸う呼吸は交感神経を刺激し、吐く呼吸は副交感神経を刺激します。だから吐く時間が長いほうが気持ちは安定します。これを3回1セットで。でもまずは難しく考えずに、大きな呼吸をする感覚で大丈夫。続けることが大事です。


05
きちんとお腹をすかせる

女性の場合、食事が体に負担をかけていることがあり、食事を抜くと楽になる方も多くいます。もちろん食べることは癒しでもあり、ストレス解消には最適です。でも体が重くだるいときは、消化にエネルギーが取られて、かえって疲れを助長してしまうので、内臓を休ませてあげることが効果的です。一番いいのは夕食を抜き、昼食から16時間ほどあけてから朝食を取る夕食断食。これを週に1回でもいいので行うと体が楽になります。難しければ夕食の時間を早めましょう。そのときはもちろんお酒も控えてください。つまり、朝、お腹がすいている状態に持っていってあげることが重要なのです。“空腹を感じてから食事をする”、まずはそれを意識することから始めてください。


06
腸活をしよう! 不溶性食物繊維を摂る
食べ過ぎや便秘のとき、漢方的には「痰湿」というものが胃腸にたまっています。「痰湿」とは一言で言うと体内ヘドロです。体内ヘドロがたまってしまうと免疫力は下がり、病気にかかりやすくなります。腸の免疫はとても大切なので、ぜひとも腸活をしてください。一番簡単な方法は食物繊維を積極的に摂ること。つまり野菜や海藻をいっぱい食べることです。サプリで摂るのであれば、不溶性食物繊維のものがベスト。意識的に野菜や海藻を多く摂って腸内環境を良くすれば、自然と免疫力は上がります。お通じがきちんとある状態を作ってあげてください。目安としてはうんちが浮かぶかどうかです。

食物繊維、植物発酵酵素、善玉菌4種、オリゴ糖を配合。調爽源 30包 ¥4.500/堀江薬局

photography:Ippei Okuda composition:Tomomi Tobitani

PICK UP

RELATED

RANKING