HONEY

2020.12.02

SURF

エレガントなサーフボード5選|HONEYおすすめのポイントとは?

  • SHARE

選ぶボードがスタイルを変える

初めてボードを手にする人や次のボードを探している人へ。持っているだけで素敵、乗ってなおエレガントなボードをHONEY的見解でご紹介。気分の上がる美しいボードで海に向かおう。

ADVISOR
YUKO SHIMAJIRI
島尻裕子

千葉県大網白里にあるサーフアパレルショップ「BONS casa de verano」のオーナーであり現役のプロロングボーダー。日本人唯一のドナルド・タカヤマのライダーとなり、国内の女性サーフシーンを牽引している存在。

サーフィンの質を高める3つの要素
1. 全身の力を抜いて、波と一体になる
2. 理想のサーファー像を想い描く
3. イメージの湧くボード選びをする

「エレガントなサーフスタイル」って何だろう? 答えは余裕と自信。地球のリズムと海の息づかいを感じながら、波と調和するサーフィン。全身の力を抜き、リラックスして波に乗る姿こそかっこ良く、美しく見える。そしてボトムに降りるスピードを利用してカットバックしたり、波の動きに合わせてローラーコースターしたり……。

サーフィンをしている人、もしくはこれから始めたいと思っている人も、こころに響く映像や写真を目にしたことがあると思う。それはきっとあなたが“こうなりたい”と憧れるサーファーやスタイルに違いない。そこを目指すにはどうすればいいのか? じっくり考えていくと、必然と見えてくるものがある。もちろん願ってすぐに叶うわけじゃないし、サーフィンはある程度やり込まなければ上達しない。でも意識し続けることで、どんどん身体に染み込んでいくはず。

では、ボードはどんなタイプを選べばいいのか? 究極を言えば、見た目が可愛くて、シェイプ(デザイン)が美しくて、愛着の湧くボードならなんでもいい。いくらテイクオフが早くても、持ち運びが楽でも、なんとなくしっくりこないボードだったら、自分が目指すサーフィンをイメージしにくい。サーフボードとライディングはトータルコーディネイトみたいなもの。見た目でピンと来て、これに乗ってみたい! そう感じるボードに出合ったら思い切って手に入れてしまおう。乗りこなせるようになったときの喜びとエレガントなスタイルは、努力をすれば後から必ずついてくるから。

photography:MACHIO styling:MICHIKO special thanks:Tsune Sang

PICK UP

RELATED

RANKING