HONEY

2020.12.02

SURF

エレガントなサーフボード5選|HONEYおすすめのポイントとは?

  • SHARE

選ぶボードがスタイルを変える


CLASSIC LOG
何もせず、波に身体を委ねる。乗りやすくて奥深いログの世界

初期のクラシックなロングボードを指す「ログ」は、ずっしり重いボディと大きなシングルフィンが特徴。9フィート以上あり、レール(側面)が太く、ノーエッジ(角張っていない)。重くて動かすことが困難なため波の動きに任せるしかなく、自然との一体感を感じやすい。技を決めるためではなく、波との調和を楽しむために作られたボード。安定感があるので、ビギナーでもすぐに乗れるのが嬉しい。必死にならなくても波に乗れる分、おしゃれに、エレガントに見えるのだ。でも実はとっても奥深く、歴史あるログの世界に魅了される人は多い。ショートボーダーもぜひログに乗ってみてほしい。クイックなコントロールができず、“乗らされている感”とグライドする気持ち良さにやみつきになるはず。


サーフボード CLASSIC NOSERIDER 9'5"/Hawaiian Pro Designs(私物)、ハット¥24.000/Greenpacha、かごバックに入ったスイムウエア¥23.000/ソリッド アンド ストライプド(ともにピルグリム サーフ+サプライ)

photography:MACHIO styling:MICHIKO special thanks:Tsune Sang

PICK UP

RELATED

RANKING