HONEY

2020.11.13

SUSTAINABLE

マリエがいま、サステイナブルに生きるわけ(Be Positive, Be Myself スピンオフ企画)

  • SHARE



H:その方法がマリエさんはファッションだったんですね。 
M:真面目に言っても誰も聞いてくれないと思ってたから(笑)、好きなことで表現しようと思ったんです。サステイナブルな方法とファッションで。『家電芸人』みたいに自分が『ファッション芸人』、『環境芸人』的な存在になれたらなって思って(笑)。ファッションで愛を伝えるのはなかなか難しいんですけど、これが私の表現方法なので。
H:ブランドを通して、何を一番伝えたいですか?
M:私の作るものが好き、嫌いっていうのはそれぞれあると思うんですけど。若い子には自分の活動を通して、やりたいことは自由に表現していいんだよ、って教えてあげたい。大人には、そういう若い子をサポートしてあげてほしいです。ひとりでもいいから、日本の女の子の人生に影響を与えることができたらいいなって。サステイナブルな活動をしていれば、いつかきっと聞いてきてもらえるって信じています。



MARIE/インスタグラム
フランス系カナダ人の父、日本人の母を持つ。10代でモデルとして活躍した後、NYに渡りパーソンズ美術大学でファッションを専攻する。2017年にサステイナブルライフを発信するブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS」をローンチ。

10歳:モデル活動を始める
18歳:ViVi専属モデルとして忙しい日々を送る
23歳:NYの名門、パーソンズ美術大学へ進学
27歳:日本に帰国
30歳:「PASCAL MARIE DESMARAIS」を立ち上げる

photography:Toshiyuki Togashi text:Alice Kazama

PICK UP

RELATED

RANKING