HONEY

2020.11.24

LIFESTYLE

今日から始められるヴィーガン・ビューティ

  • SHARE

東京・神宮前にあるヴィーガンヘアサロン、whyteのトップスタイリストを務める中島潮里さん。HONEY vol.29「Be Positive, Be Myself」で、新しい自分をポジティブに生きる女性としてインタビューをした。今回は本誌で紹介しきれなかったお話をご紹介。

 

whyteは“ヴィーガン・ビューティ”をコンセプトに掲げている。動物性原料の使用や動物実験をしていないカラー材、ヘアケアプロダクトを選び、環境と動物、人に優しく営業する日本初のヘアサロンだ。

 

潮里さんのアイコンとなっているキュートなオレンジヘアも、ヴィーガンのカラー材を使用して染めたもの。彼女人間的な魅力は初めて会う人でも5秒で感じられる。動物や自然と深いところで繋がっている優しい気持ちが、滲み出ているのかもしれない。







出身は千葉県、勝浦市。海の近くで育ってきたから、彼女にとって海は特別で守りたい場所




―――ヴィーガンヘアサロンwhyteについて教えてください。

 

「whyteは“自然体”がコンセプト。朝8時のスタートでリズムを整え、スタッフ、お客様それぞれの自然体を引き出せるようにしています。ナチュラルでオーガニックなプロダクトやヴィーガンプロダクトを使っていて、サロンに通うことで環境や動物のことを考えるきかっけになってもらえればと思っています」

 

―――whyteはどんな職場ですか?

 

「スタッフが働きやすい環境を作ることもサステイナブルの一環だと思っています。通常のヘアサロンは休みが少なく、激務なところが多いんです。私の前職場もそうでした。私たちはスタッフの身体を壊してまで売り上げを重視するのは間違っていると思っています。自分が過去に先輩や上司にされて嫌だと思ったことを、また下の子にするっていうのも違うなと。whyteではスタッフは週休2日、休憩は1時間きっちり取ってもらったり、営業後ではなく、営業中にレッスンをしています。ヴィーガンカフェを併設しているので、コンビニのものを食べるのではなく、栄養のあるおにぎりをまかないとして出しています。あと仕事は自分の意見を言う場だと思ってほしいので、たくさん発言をしてもらうようにしたり、コミュニケーションを大切にしたり。ビーチクリーンもみんなで一緒にやっています」

 

―――前の職場を辞めると決意するのは大変ではなかったですか?

 

「当時は組織で働いていたので安定していたし、独立するのは確かに怖かったです。でもやっぱり自分の好きなことをしたい、違和感を持ったまま働きたくないと思ったんです。ヴィーガンビューティという生き方を知ったのも大きかったです。自分の中で一歩を踏み出すきっかけはそれでした」

 

text:Alice Kazama

PICK UP

RELATED

RANKING