HONEY

2020.11.25

LIFESTYLE

内側から美しくなるハワイアンカフェ | Local Creators #01

  • SHARE

MALIA & BROOKE × HAWAIIAN VEGAN CAFE
美をクリエイトする女性たち

ノースショアにある、新しいかたちのヴィーガンカフェ。ハワイで有名なモデルとフォトグラファーの2 人が手がけるのは多くの人にインスピレーションを与える、クリエイティブの発信地だ。



ノースのカルチャーを次の世代につなげる場所



ノースショアに住む女の子たちはとてもクリエイティブ。ヘルシー&エコで、アートを見る目があって、素早く動く行動力もある。ローカルコミュニティへ愛があり、おまけにオシャレで可愛くてサーフィンが上手いからたまらない。そんなノースガールズの中でも抜群にセンスのいい2人、モデルのマリア・マーフィとフォトグラファーのブルック・ダンブロウスキーが、カフクにカフェをオープンさせた。アイランドバイブを大切にしながらそれぞれ活躍する2人が始めたビジネスが注目を集めている。



カフェの名は「レイズド・バイ・ザ・ウェーブス」、’70年代のフォントを使ったアイコニックなロゴがキュートだ。サーファーである2人はここハワイの波からたくさん学び、育てられた。それを次の世代にも繋げていきたい、そしてノースの子供たちを、サーフィンやヘルシーフードを通してインスパイアしたい、そんな想いから名付けられた。こぢんまりとした店内は、海とサーフカルチャーとハワイアンムードがたっぷり感じられる雰囲気。どこを切り取ってもフォトジェニックで、居心地のいい空間となっている。

フルーツや野菜を使ったサンドウィッチ、ボウルやワッフル、スムージー、コーヒーなどヴィーガンメニューを主に提供。エディブルフラワーを使用した見た目も可愛くヘルシーなフードが売りだ。

photography & interview : Ke'alohi composition & text : Alice Kazama

PICK UP

RELATED

RANKING