HONEY

2020.12.28

LIFESTYLE

おしゃれでワイルドなキャンプ料理4選|サーフガールのシェフに教わるレシピ

  • SHARE

サーフ・キャンプ・料理の探求

オーストラリア最南端に位置する離島、タスマニア。大自然の中でサーフィンを楽しんでは火を囲み、釣りや狩をしながら大家族とワイルドな幼少期を過ごした少女がいた。やがて彼女はオープンファイヤーを自由自在に操り、人々のお腹を満たすプロとなった。



ちょっとだけ手を掛けたいサラおすすめのキャンプレシピ

自然の中で料理をするチャンスに出会えるキャンプ。せっかくなら焚火を使ってワイルドに料理してみよう。オープンファイヤーで料理するときのコツは、薪を組んで火を点け、1時間半くらい燃やしてから中火の火力をキープする。料理は出来るだけ炭の上で。火加減をマスターしたら、あなたもオープンファイヤーシェフの仲間入り。


HOT CHICKS

材料(4人分):
ラムラック(子羊の背肉) 8切れカット出来るサイズ
ジャガイモ 500g
バター 少々
オリーブオイルorギー 大さじ1
ベイビーキャロット 8本
塩 1~2つまみ
【オリーブソース】
グリーンオリーブ 1カップ ※種を取って刻んでおく
フルクリーム 1カップ
オリーブオイル 大さじ2
葡萄ジュース 大さじ1
塩コショウ 少々

1. ラムを火の上に吊るせるようなセットアップを作る。岩の間に木の枝をはめてぶら下げたり、鍋などをぶら下げる三脚があると便利。
2. オリーブソースの材料をすべてボールに入れて混ぜ、味見をしながら好みに整える。
3. ラムを紐で縛り引っかける部分を作り、炭から20cm上に吊るす。 6分おきにラムをローテーションさせて約 25分間焼く。
4. ラムを焼いている間にジャガイモを中サイズの鍋に入れ、海水と一緒に柔らかくなるまで煮る(海水が汚い場合は水と塩で煮る)。ジャガイモをカバーするくらい水を入れ、水が全て無くなるまで煮る。海水もしくはたっぷりの塩と煮ることで下味がつく。
5. フライパンにオリーブオイルもしくはギーを大さじ 1杯入れ、人参を適度にひっくり返しながらローストし、火が通ったらジャガイモを好きなサイズに切ってフライパンに乗せてあえる。
6. ラムがお好みに焼けたら火からおろし、5分間休ませる。スライスしてジャガイモ、人参と一緒に盛り付け、オリーブソースを添える。

photography:Stefan Haworth text:Maki Mukaeda (3 little spirals)

PICK UP

RELATED

RANKING