HONEY

2021.02.25

SURF

地球上で最も素晴らしいサーフデスティネーション「インドネシア・メンタワイ諸島」とは?

  • SHARE

夢のサーフアイランド、メンタワイ諸島


メンタワイの醍醐味はサーフィンだけではない。絵葉書で見るような透き通った海と真っ白な砂浜はスノーケリングやSUPも楽しめ、さらに無人島に上陸して探検なども。聞こえて来るのは、パームツリーの囁きと波の音だけ。フットマークのないビーチを歩き、水平線に落ちるサンセットを眺める。そんな秘境ならではの雰囲気を味わえるのもメンタワイのランドステイならでは。フォトジェニックな世界が360度広がる、まさにユートピアである。

因みにサーフエリアがある島々には集落がない。島全体がココナッツと香辛料などに使われるクローブの農地となっており、収穫期のとき以外、人は住んでいない。海沿いにリゾートやサーフキャンプはいくつかあるが、お店やレストランもなければ道さえない。ここでの移動はすべてボート。リゾートに宿泊すれば3食付きはもちろん、エアコンやWifi、ボート付きになっている。大自然の南の島にいながら、ストレスフリーに過ごすことができるのだ。

未だにメンタワイへはワンフライトで行けないが、だからこそ守られている自然や文化がある。不便だからこそ得られるとっておきの贅沢。まるで地球と一体化したようなフィーリング! 現代社会が失った感覚が、ここにはそのままの形で残っている。


コットンキャンディーカラーの光に包まれたようなサンセットサーフィンタイム



海に飛び込めば、そこには永遠と続くブルーグラデーションの世界が広がる


時間を忘れ、気の知れた仲間とのサーフィンセッションは一生の思い出


Salty hair don’t care.アライアビーチのパームツリースイングにて


最後の光が終わるその瞬間までサーフィンしていたい! そう思わせるメンタワイの波


水平線の向こうにストームの雲、すべての天候がただただ美しいと感じさせる


風が止まり1日の終わりを告げる夕暮れ。暖かい空気が肌にしっとりと溶け込んでくる


子供の頃に戻ったようにシンプルに遊ぶ、それがメンタワイで楽しむ秘訣

photography:Dave Mathew, Sarah Lee, Keoki Saguibo, Brooklyn Dombroski text:Natsuko Shibata special thanks:ALAIA MENTAWAI

PICK UP

RELATED

RANKING