HONEY

2021.02.26

SURF

4人のガールズサーファーが恋したインドネシア・メンタワイ諸島の魅力とは?

  • SHARE

夢のサーフアイランド、メンタワイ諸島

インドネシア、スマトラ島の西沖に浮かぶ無数の島々からなるメンタワイ諸島。そこには世界中のサーファーたちが一度は行ってみたいと夢見る、サーフィデスティネーションがある。ハードなイメージが定着しているメンタワイだが、数え切れないほどのファンウェーブが、ひっそりとブレイクしている。



Why you love Mentawai ?
教えて、メンタワイの魅力!
メンタワイに恋したガールズサーファーに、その魅力を聞いてみた。世界中を旅する4人がメンタワイを訪れて感じたことや必ず持っていくマストアイテムなど、トリップ計画のお役立ち情報をハニー読者に伝授。

Rosie Jaffurs
ロージー・ジャファーズ
Pro Long boarder and Surf instructor


ハワイ、ププケア出身のプロロングボーダー。ホームのノースショアでサーフインストラクターをする傍ら、パートナーでプロ写真家のケオキと共に旅をしながらドリームライフを送っている。


Q1_初めてのメンタワイトリップはどうだった?自分のイメージしていた通りの場所だった?
メンタワイはいつも行きたいと思っていた夢のサーフトリップ先の一つだったから、すべてが想像していたものだった。パームツリーのバックグラウンドは想像以上で、常に感動しっぱなしだった。

Q2_メンタワイで使ったボードでよかったのは?
もちろんロングボード、それとフィッシュ。ミッドレングスもあったらよかったと思うけど、この2本だけでも十分楽しめた。

Q3_波はどうだった?
バラエティ豊富で、すべてのタイプの波があった。ロングボードにパーフェクトなスモールウェーブ、小さいバレルに大きいバレル、レギュラー、グーフィーすべてね。

Q4_メンタワイの思い出で印象に残っていることは?
ジェネレーターだけで完全な自然の中で過ごしたこと。ホテルの周りに道はないし、電線も通ってない。もちろん空港もない。夜になって炎の光が見えるまで、反対側の島に人が住んでるなんて気付きもしなかった。

Q5_絶対に持っていくマストアイテムと、あると嬉しいオススメアイテムを教えて?
ハット、レギンス、サーフシャツ。ずっと炎天下でのサーフィンには必須。それと、気温も湿度も高いから、虫から守ってくれるロングパンツとロングスリーブもあると便利。

photography:Dave Mathew, Sarah Lee, Keoki Saguibo, Brooklyn Dombroski text:Natsuko Shibata special thanks:ALAIA MENTAWAI

PICK UP

RELATED

RANKING