HONEY

2021.02.14

CULTURE

エルメス、クロエをも虜にする写真家・セバスチャン・ザネラが今、撮りたい被写体とは?

  • SHARE

SEBASTIEN ZANELLA

波に乗り、街を滑る女性たちが放つ、ありのままの美しさを求めてシャッターを切る。フィルムが醸すエモーショナルな質感、光と陰、色が織りなす抽象が、現実よりも真実を語る。セバスチャン・ザネラが描く、静謐な夢の世界。


ブリアナ・キング、ニューヨーク。ブリアナは野生的で自由。この日、僕たちは街で一日中スケートをした。トラック、渋滞、路面の悪い道路…… 彼女は何も気にしないで突っ走る。ついていくのがやっとだったよ

自由に、ありのままの自分に近づく……
現在38歳のセバスチャン・ザネラが本格的に写真に取り組みはじめたのは、ごく最近だという。だが、幼いころから詩を書くなどアーティストとしては早熟。時を重ね築きあげられた独特の耽美な世界観は、今やエルメス、クロエなどのハイブランドをも虜にしている。

ザネラにとっての写真は、あくまでも詩的に世界を描くための表現方法のひとつだが、妥協は一切ない。撮影をするうえで大切にしていることを、彼は次のように話す。
「自分の心に嘘をつかないで、正直であること。あらゆる撮影は、自分自身をより理解するための手段でもあるのだから」

写真よりも前にザネラが熱中していたことは雑誌づくりだった。実際、世界のサーファーたちの間では『Desillusion(デシリュージョン)』の編集長としてよく知られている。16歳のとき、高校のコピー機を盗んだところから始まったその雑誌の目的は、サーフィンやスケートボードを愛する「美しき不適合者たち」にインタビューをして、彼らの生き方を共有すること。
「スーパースターになることを夢見ない人、テレビのリアリティ番組には絶対に出ないような人、サッカー選手など一般的な子どもが夢見るような夢にフィットしなかった人たち。そんなやつらはみんな自由だった。サーフィンやスケートボードにルールはない。遊び場は地球すべてさ」

photography & caption : Sebastien Zanella text : Jun Takahashi

PICK UP

RELATED

RANKING