HONEY

2021.01.19

FASHION

古着物をアップサイクルするKINUの美しいフィロソフィー

  • SHARE


―――生地はどこから調達するんですか?
「KINUで使う生地は基本的に『Vivat Vertas』で使ったユーズドの着物の余りです。内側のシルクも質がいいのに捨てちゃうのはもったいないと思って。服を作っているとファッション業界の無駄の多さがより鮮明に見えてくるんですよね。だからKINUでは布を新しく買いません。それどころか、KINUの服を作った後に出るさらに小さな切れ端も、小物にしたりシュシュにしたりして再利用しています」


鮮やかな黄色はバラ。道端に落ちている植物を利用することも。試行錯誤しながら自然の色味を調整する

―――着物の生地を使う良さはどんなところですか?
「着物の裏地のシルクは最高級なんです。夏は涼しく、冬は暖かく、体温調整もしてくれる素晴らしい天然素材。丈夫で長く使えるのが一番のメリットです。でも古い着物だと変色していることもあるし、伸縮性もない。着物で使っているから生地の幅が決まっていて、デザインも限定されてしまいます。一見すごく使いづらく感じるんですけど、私たちはそれを『味』ととらえて楽しんでいるんです。変色は自然の繊維を使っているからこその経年変化で、それもまた美しい。上から染めてしまえばまったく気にならない。ストレッチ性を少し出したかったら斜めにカットすればいいし、逆にストレッチのない質感を活かすこともできます。完璧を求めなくていい。『このシルクでできるものは?』みたいな感じで、限られた中でアイディアを生み出すのが楽しいんです」


誰かのもとで輝いた着物が生まれ変わり、自分のもとで別の輝き方をする。KINUが紡ぐロマンティックなストーリー



KINU
Instagram公式HP

photography:Toshiyuki Togashi text:Alice Kazama

PICK UP

RELATED

RANKING