HONEY

2021.01.31

SURF

徳島から世界へ! 天然染色「藍」が地球を救う

  • SHARE


「藍染のブルーにも特別なものを感じたんです。僕らは海を眺めながら育って、サーフィンもしてきた。濃淡のある海のブルー、水も空気もブルー。藍がまさに同じブルーだった。しかも名前が“あい(=LOVE)”。これしかない、と思って藍の道に入ることを決意しました。旅していたときにはお金もない、住む家もない、なんてことも多くて、ホームシックにもよくなっていた。でも、水平線を見ていると地元がイメージできて励みになったことを覚えています。海と空って全部つながっているんだなって。世界と自分のふるさとをつなぐ水平線。2016年に独立して立ち上げたプロジェクト『in Between Blues』の名前はそんなところからきてるんです」

photography:Masaya Yoneda, Daisuke Kobayashi surfboard:303SURFBOARDS text:Alice Kazama

PICK UP

RELATED

RANKING