HONEY

2021.04.18

LIFESTYLE

フランス・オセゴーの潮風混じる「森の別荘」|広大な松林の借景の中でくつろげる家

  • SHARE

Caroline & Julien

世界のBEACH HOUSEを連載で紹介していく企画の2軒目は、フランス・オセゴーから。深い森の中、周囲から見えないように建つウッドハウス。それは建築段階からインテリアも考えられていたという、界隈でも話題の家。海から車で10分。潮風混じる松林に囲まれた邸宅を訪ねた。

from HOSSEGOR
Caroline & Julien
< designer / organic cafe owner >

森と一体化、窓からの眺めが主役の家




本来なら角にある支柱を少し手前に配置。素材を無機質なグレーにすることで、柱もデザインの一部にした


温水プールのテラスを囲む黒い柵は、中に網が張り巡らされている。近くのカブルトン港をイメージしつつ、遠目からだと何もないよう景観にも配慮している。この柵は屋内の階段にも使用している


モダンな印象を与える吊るし暖炉。火があるとますますリビングに人が集まってくる。壁に描かれたBoul Rostanの世界観ともマッチ

photography : Thomas Lodin text : Michiko Nagashima

PICK UP

RELATED

RANKING