HONEY

2021.04.19

SUSTAINABLE

美しすぎる「サンゴ」のアート|コートニー・マティソンの作品の視覚的インパクトは必見

  • SHARE

サンゴの森よ、消えないで

地球上のすべてのサンゴがいま重大なターニングポイントに差しかかっている。1万年以上かかって形成された海底を絨毯のように覆うカラフルな森は、人の手によってたった50年でその多くが失われてしまった。この海の危機、ひいては地球全体の危機をアートを通して訴えるのがコートニー・マティソン。サンゴを陸にそのまま移植したかのような精巧で“壊れやすい”磁器の作品から、この動物の美しさとはかなさを視覚的、物理的に伝える。近い将来、健康な美しいサンゴがアートの中だけで生きるおとぎ話にならないために、海の声に耳を傾けたい。


中心はカラフルで健康、外側にいくに連れて白化していくサンゴ。サイクロンのように渦を巻き、重大な問題に巻き込まれていることを指すことわざ “eye of the storm(=台風の目)”を作品に重ねた。サンゴがあっという間に死にゆくそのスピード感も表現する “Our Changing Seas III” by Courtney Mattison. Image by Arthur Evans, Tang Museum

Q & A

あなたにとってサンゴの魅力は?
サンゴは物心ついた頃から私の想像力を掻き立ててきました。ゆらゆら浮きながら水の中で見るサンゴのエキゾチックな形、刺激的な明るい色……。トロピカルなサンゴが毒のある肢を動かしてダンスするんです。スキューバマスクの中からそれを見るときが最高に幸せ。世界でもっとも大きい生き物。顔のない建築者。植物みたいだけど動物。そんなサンゴのミステリアスなところが大好きなんです。

text : Alice Kazama

PICK UP

RELATED

RANKING