HONEY

2021.05.12

BEAUTY

女性必見! 今日から初められる「デリケートゾーンケア」にまつわる10のこと

  • SHARE


10 topics !
豊かな毎日を送るためにできること

インティメイトケアの必要性やアイテムの選び方などを知ったところで気軽にトライできるように、今日から始められる10 のことをピックアップ! 森田さんのアドバイスと共に紹介していきます。焦らずに、簡単と感じるものから取り入れてみよう。

topics_1
アンダーヘアのお手入れ
どこを処理すべきかお悩みの方は、膣まわりのIラインから肛門まわりのOラインにトライして。排泄物が絡まり不衛生になりがちだから。おすすめのお手入れ方法はレーザー脱毛やブラジリアンワックス。サロンでほかの人に施術してもらうのが恥ずかしいなら、自宅用の脱毛器でも可。カミソリや除毛クリームでの処理は肌トラブルの原因になるので避けましょう。毛がなくなると、自分の膣のコンディションがダイレクトにわかるから、向き合うための第一歩としてぜひ。

topics_2
スキンケアの前に膣ケアを
顔を丁寧に洗うように、デリケートゾーンも専用ソープを使って手で洗いましょう。洗うべきは腟のまわりを取り巻く大陰唇と、その内側にあるヒダのような小陰唇です。指で軽くつまむように撫でていくことがポイント。そして、お風呂上りにはデリケートゾーン全体に、ローションやクリームでしっかり保湿を。そして、オイルマッサージも忘れずに。膣まわりに塗り込むように触れます。血行を促進し、柔らかく保つために必要なこと。

topics_3
月の周期の手助けをする
月経を迎えることを「面倒くさい」と思わずに、今月の自分の体調をチェックしようという心持ちに変えてみよう。月経前の不安定さや痛み、出血量にまで目を向けて。もし不調を感じるなら、生理用品が合っていない可能性も。経皮吸収率が高い場所だから、化学物質を含んだアイテムだと、ダイレクトに受け入れてしまうことも。オーガニックコットンや清潔な月経カップなどの使用が、毎月のあなたを助けてくれるかもしれません。


photography : Nozomu Tomita, Tomoo Shojyu hair&make-up : Azusa Matsumori illustration : Natsuki Sato special thanks : Atsuko Morita, Yumico

PICK UP

RELATED

RANKING