HONEY

2021.06.05

CULTURE

KENNY from SPiCYSOL|茅ヶ崎に移住して変わった生活、音楽活動、サーフィンのこと

  • SHARE

KENNY from SPiCYSOL

五感で自然を感じる生活を通して、ライフスタイルも変わり、物事の捉え方も変わったというSpiCYSOLのボーカルKENNY。愛する茅ヶ崎に移住したきっかけなど、海への思いを語ってもらった。




第2回ゲスト
KENNY

( from SPiCYSOL)


“The Surf Beat Music”を掲げ、温故知新な音楽性がストリーミングサイトを中心に話題のバンド、SPiCYSOLのボーカル。茅ヶ崎に引越しサーフィンはもちろんのこと、バンドのCDジャケットやデザインの提供・個展の開催など、イラスト活動も精力的に行う。


HONEY(以下、H):北海道生まれのKENNYさんがサーフィンを始めようと思ったきっかけ、はじめて入水した海は?

KENNY(以下、K):元々西海岸のカルチャーが好きで、古着を好んで着たり、ジャック・ジョンソン、ドノヴァンを聴いていたんですよ。音楽からサーフィンに興味を持って、大好きなミュージシャンがインスパイヤされたスポーツをやろうと思って上京して10年、鵠沼でサーフィンのルールを学び、ついに入水しました。

H:今、茅ヶ崎に住んでいますが、そのきっかけは?

K:引越しを考えている時に、なんともバッドタイミングで住む家がなくなっちゃって(笑)。茅ヶ崎に住んでいる先輩が、庭にエアストリームがあるから、家が見つかるまで住んでいいよと言ってくれたんです。海を間近に感じる生活をリアルに体験して、茅ヶ崎に住もうと決めました。“縁”なんですよね。

photography : Makoto Ebic composition : Makiko Fukuzawa

タグ:

PICK UP

RELATED

RANKING