HONEY

2021.06.05

CULTURE

KENNY from SPiCYSOL|茅ヶ崎に移住して変わった生活、音楽活動、サーフィンのこと

  • SHARE

KENNY from SPiCYSOL


H:これまでもいろんな場所でサーフィンしていると思いますが、一番印象に残っているスポットは?

K:バリですね。とにかく波のパワーがすごかった。日本で頭オーバー(自分の身長以上の波)だと入らなかったんですが、バリは毎日そうで、入らざるを得ない(笑)状態だったんです。最初は波にもみくちゃにされて大変でしたけど、波の呼吸というか、リズムに合わせていくうちにだんだん慣れてきて……。波への恐怖心を克服でき、気持ちよさを感じることができました。国内では宮崎ですね。波はもちろん、土地、地元の方の人柄にひかれています。国際サーフィン大会「ISA」主催のライブで初めて宮崎に行きましたが、今では年4回、すきあらば行っています。

H:音楽とサーフィンを通じて、たくさんの海との出会いがあったようです。今後、海での活動も考えていますか?

K:すごく小さなことですが、きれいな海が持続するようにマイボトルを持ち歩くようにしています(ペットボトルゴミがでないように)。バンドグッズでマイボトルを作ったんですが、「これ、かわいい!」みたいなきっかけでいいので、ファンのみんなにも使ってもらいたいです。将来的には、音楽仲間や海仲間と共に、「海」「水」をテーマにしたムーブメントをつくり、ライブやビーチクリーンへもつなげたいと思っています。

とっておきの想い出

2021年元旦に友達と。ホームタウン茅ヶ崎での一枚。空と富士山が綺麗で最高でした


バリのサーフポイントBalianに入った後。頭オーバーの波にだいぶくらったけれど、おかげで一皮剥けた!


千葉の白子周辺で、相棒のスクールバスと。車内はVanlife仕様にしていて、サーフィンのお供に良い感じです


宮崎の日向にて。日の出前から入水して、中々見られない“ダルマ朝日”を見ることができた日

NEW DEGITAL EP

ONE-EP

SPiCYSOL
(Warner Music Japan)
絶賛配信中。TELASA初のオリジナルドラマ「主夫メゾン」主題歌「ONLY ONE」を含むメジャー1stデジタルEPが4月7日にリリース。

photography : Makoto Ebic composition : Makiko Fukuzawa

タグ:

PICK UP

RELATED

RANKING