HONEY

2021.03.28

LIFESTYLE

ハワイの人気セレクトショップ「OLIVE&OLIVER」がクローズ。ただしカイルア店は引き続きオープンするのでご安心を!改めてオーナーのセンスを自宅のインテリアから学ぶ。

  • SHARE

@oliveandoliverhawaii

ワイキキのサーフジャックホテル内にあるセレクトショップ「OLIVE&OLIVER」。カフェも併設されていて、コーヒーが注がれるパイナップルが描かれたピンクのカップがお店のアイコンとなっていたが、残念ながら3月をもってこちらの店舗はクローズすることになった。ハワイの閉店のニュースが続いているが、カイルアの「Olive Boutique」やECは引き続きオープンしているのでご安心を。運営しているのはパーカー&アーリー夫妻。彼女が暮らす自宅のインテリアも、お店と同じくセンスに溢れている。ラニカイ・ビーチの緑に囲まれた静かなレジデンス・エリアでゆったりの時間が流れる場所で彼女らは暮らしている。ライフスタイルやインテリアのポイント、手がけるストアへの思いについて語ってくれた。


「この家のコンセプトは、少しだけビーチーで少しだけボヘミアンで少しだけラスティック。私と夫のパーカーが、お互いが好きなものや旅先からもち帰ったのものをインテリアに組み合わせている感じね」アリーとパーカーがラニカイ・ビーチにあるこの家に住んで3年半。もともとは1945年築のプランテーション・スタイルのビーチコテージだった。壁は温暖なハワイならではのシングルウォール。2000年にリモデルされているので状態はよく、一部の窓はオリジナルのままだ。バスルームのグラスブロックは'80年代に改装されたものと推定される。一般的にシングルウォールの家は日光により日中かなり熱がこもりがちなのだが、この家には一部の屋根の下に風が抜ける隙間が設けられていて、暑さを逃がす工夫がなされていた。通気性がいいので実はけっこう涼しい。ベッドルームの一部やクローゼットのなかも同様の作りになっているので、締め切っていても家全体が暑くなりにくいのが特徴だ。アリーはカイルアタウンに8年前にオープンしたストア「オリーブ」のオーナーで、パーカーも同じくその2軒隣にあるストア「オリバー」のオーナー。店はそれぞれ「オリーブ」がウィメンズで「オリバー」がメンズというように独立している。とくに「オリーブ」は、カイルアタウンが近年オシャレな盛り上がりをみせる先駆けとなったストアだ。

photography&text(本文):Takashi Tomita

PICK UP

RELATED

RANKING