HONEY

2021.05.19

LIFESTYLE

大人気のナチュラルマーケット「トレーダージョーズ」に潜入|Trader Joe's7つの特徴とは

  • SHARE

カリフォルニアのナチュラルマーケットを紹介する企画の第5回は、日本でも知名度の高い「トレーダージョーズ」をピックアップ。因みに“トレジョー”という愛称で呼んでいるのは日本人だけ。店内に一歩足を踏み入ると、オリジナルアイテムやバラエティに富んだ商品がフルラインナップ。知識豊富なバイヤーが世界中で買いつけてきた、ヘルシーで美味な食品やプロダクツをローコストで販売している。



Trader Joe's
トレーダージョーズ
Address:4675 Admiralty Way, Marina Del Rey, CA 90292
Tel:1 (310) 301-4461
Open:8:00am~9:00pm
https://www.traderjoes.com

・客層:ファミリー含め20〜50代の男女、家族が主流
・プライス:★4 (リーズナブルなオリジナル商品から、ややハイエンドな食材&アイテムまで揃う)
・カスタマーのストイック度:★3.5(本気のヴィーガンやヴェジタリアン、ペスカタリアンから、緩めなウェルネスピープル、ローカルカスタマーまで)
・ファッション度数:★3 (バラエティに富んでいるが、清潔感がありトレンドを意識したオシャレ層が多い)
・サーファー度数:★4(近くのビーチまでは10分と近く、きちんと感のあるサーファーが目立つ)

1967年にカリフォルニア・パサディナで誕生。創業者のジョー・クーロンビーの名前をとって「トレーダー・ジョー」と命名。この頃、全米で流行りはじめたコンビニエンスストアとはあえて違う形態のナチュラルマーケットを展開した。オープン後数年間は、ブッチャー(肉を捌く職人)がリーダーとなり、ハムやチーズがたっぷり入ったサンドウィッチを提供することで話題に。'79年からはアリゾナをはじめ店舗が拡大。'90年前半にはカリフォルニア全域に広まり、後半にはニューヨークにオープン進出。現在は、全米に503店舗を持つ大型チェーンスーパーマーケットに成長した。手ごろな値段と豊富な品揃え、オーガニックアイテムを含めサステイナブルなプロダクツが多いため、サーファーはもちろんティーンからファミリーまで幅広い層に愛されている。


日本でも人気のエコバッグ。エリアや季節によってデザインが違うので、お気に入りが見つかったら即ゲット


店内はエリアにちなんだディスプレイが施されている。マリーナデルレイ店の目の前はハーバーということで、ボートにちなんだアイテムが壁を彩る


マリーナでよく見かける浮き輪も


ヨットクラブのエンブレム。マリーナデルレイだけでなく近くのサンタモニカやヴェニスのクラブも讃えられている

みんな大好きなオリジナルアイテム
フードはもちろん、デイリーユースアイテムもほとんど揃うオリジナルアイテム。


オリジナルブランドは手頃な価格のモノばかり。右から_一振りするだけで味が締まるPink Salt Crystals$1.99(12g)、マルチに使え味を整えるEveryday Seasoning$1.99(65g)、固定ファンが多いDark Chocolate Bar with Caramel & Sea salt $1.99(85g)、プラスするだけで味がまろやかになるオーガニックコオナッツオイル$4.99(473ml)、アンチエンジング対策にもなるビタミンEオイル$4.99(118ml)、日やけ肌を癒し保湿を促すローズウォーターフェイシャルトナー$4.99(118ml)、数年前から人気のケフィア Low Fat Kefir Plain (946ml) $2.99

PICK UP

RELATED

RANKING