HONEY

2021.06.30

FASHION

街でもビーチガールの心を忘れないで!コーデにさりげなくスイムウエアを着こなそう。

  • SHARE

スイムウエアは海だけで楽しめるおしゃれって思っていない?
実は夏服をもっとワクワクして身に着けるための、とっておきなアイテム。いつもの装いにさりげなく忍ばせたコーデをご紹介。あなたらしいビーチライフスタイルを叶えてくれるものを見つけよう!

メイン_レトロな花柄がアイコニックなトップとして映える。ワンピーススイムウエア¥14.300/ビラボン(ボードライダーズジャパン)、ラップニットスカート¥53.240/ナヌーシュカ(ヒラオインク)、サングラス¥38.500/メガネアンドミー(ハルミ ショールーム)、右手中指リング¥60.500、右手人差し指リング¥85.800、左手中指リング¥85.800/全てトーカティブ

new summer classic style
Triangle

スイムウエアの王道、トライアングルシルエットはインナー使いに最適。重ね着する、見えてもいいキャミソールのようなテンションで身に着けてみよう。わかりやすい着こなしができるからいつものコーデに加えるだけで便利。


ビキニとパンツのピンクを合わせることで、セットアップのような着こなしを。ビキニ¥18.480 /サリナス(フリ ド メール)、シャツ¥31.900 /フランク&アイリーン(サザビーリーグ)、パンツ¥72.600 /フォルテ フォルテ(コロネット)、ピアス¥36.300/トムウッド(ステディ スタディ)

photography : Gori Kuramoto(PYGMY COMPANY)(model), Yoshihito Ishizawa(still) sphotography : Gori Kuramoto(PYGMY COMPANY)(model), Yoshihito Ishizawa(still) stytyling : Kazue Mizushima(La Plage) hair&make-up : Mai Ozawa(mod'shair) model : Sakura En

PICK UP

RELATED

RANKING