HONEY

2021.07.15

SUSTAINABLE

【連載】地球の今、海の今を知る|Vol.28 Less is More……「引き算」というスタイル

  • SHARE

多種多様な環境と生き物たちが、それぞれの個性を発揮しながらお互いに助け合って生きている、地球という一つの生命体。それはまるで、地球も太陽や月、水星や海王星などの星々とともに一つの「太陽系」を織りなしているように、もっといえば太陽系も「天の川銀河」を構成する大星団の一員にすぎなくて、さらに俯瞰から見れば無数の銀河が散りばめられて存在している宇宙……。そんな神秘に思いを馳せることができるのは、この地球上ではおそらく私たち人間だけ。太陽や月がどうして浮かんで見えるのか、なぜ明るい時間と暗い時間が入れ替わるのか、どうして空がこんなにも表情豊かなのか、そんな理に感動しながら頭上を眺める動物がもし居たら、それはそれで胸がキュンとするけれど、たぶんきっと人間だからこそ楽しめる特権のような。ましてや、Vol.27で考察したような自然の連環や自己調節システムを知ることができるのも、地球のバランスを科学的に理解して見守っていけるのも、私たち人類にしかできない尊いことだなと感じます。



text:Ayako Minato

PICK UP

RELATED

RANKING