1. HOME
  2. LIFESTYLE
  3. “セルフラブ”のマインドを育てる。自分だけでなく、他者、動物、環境に優しい心
LIFESTYLE

“セルフラブ”のマインドを育てる。自分だけでなく、他者、動物、環境に優しい心

LIFESTYLE

みなさんは、どれくらい自分のことを知っていて、どれくらいセルフラブに向き合っていますか? 第2期メンバーの申込みがスタートしているretreat HONEY。スタート中の第1期を実際に体験し、感じたリアルを編集部員Tが4週にわたりお届け。一週目で得られたものとは?


“セルフラブ”に取り組む際のゴールは何だと思いますか? 私は「自分のことが好き」「自分に自信を持っています」「今が一番幸せ」そう思い、素直に口に出して主張できることがセルフラブであり、できた証だ! と思っていました。

ですが、今回のオンラインリトリートでセルフラブに正解はなく、みんなそれぞれの形があると気づかされ、私のセルフラブへのモチベーションや考え方が大きく変わるのを感じました。そこから、自分を見つめ直す濃厚な時間が始まります。

まず、初日の“プランニング”では一ヶ月どう過ごしていきたいかを考えるために、自分のウェルネスを精神・知的好奇心・感情・自然・社会・身体の6つの視点から見ていきます。

たとえば感情面では「自分を表現し、建設的な方法で気持ちを伝えることができているか?」「自分の感情をコントロールできているか?」「自分は変化に適応することができるか?」「自分の感情を処理するために助けを求めることができているか?」「自分の人生のあらゆる場面で、葛藤を解決することができるか?」という問いかけ。みなさんはどうですか?

自信をもってYESと答えられるのもあれば、こういうところが苦手なんだよなぁとNOを出したり、できているがスムーズではなくSO-SOくらいに感じるものもあるでしょう。ここには、何個チェックが入らなくてはいけないや、減らさなくてはいけないなどのジャッジはありません。ありのままの自分を受け入れて、自分自身を許す。それがセルフラブの第一歩。

そこから、自分が叶えたいヘルシーな習慣を確立するためのアイデアをチョイスしていきます。感情を豊かに、受け入れる心の準備をするための提案は「深呼吸をする」「瞑想をする」「感謝の気持ちを記録する」「自分自身を振り返る練習をする」「日記を書いて考えや感情を記録する」「自己承認を深めるためにムードトラッカーをつける」「ストレスを感じた時に、安全で落ち着ける場所を作る」「自分には(感情的な反応ではなく)意図的な反応をする力があることを思い出す」など、少しの意識で出来そうなアイデアがずらり。

とはいえ、深呼吸や瞑想、自分自身を記録することって続かないと思いませんか? そこで、リトリート中は毎日ボディスキャン瞑想と、身体と心の感覚や瞑想後の気分、睡眠や食習慣を記入するサポート付き。だからこそ、無理なくセルフラブへの習慣が身についてくるもの。毎日、心がすくすくと成長することが実感できるはず。

他にも5つの角度から自分自身を客観的に知り、導きたい方向が分かった初日を過ごしたところで、翌日からは様々な面から心身へのアプローチが始まります。