1. HOME
  2. LIFESTYLE
  3. 【CANVAS ON THE WAVE】HONEYが気になるあの人にQ&A/色の記憶「Sarah Darling」
LIFESTYLE

【CANVAS ON THE WAVE】HONEYが気になるあの人にQ&A/色の記憶「Sarah Darling」

LIFESTYLE

国内外の注目サーファーや新進気鋭のアーティストなど、HONEYが今気になる人たちに質問を投げかけるQ&Aの新連載。ここからお気に入りのサーファーを見つけるも良し、推しのアーティストを見つけるも良し。何かのインスピレーションに役立つはず。
第4回目はペインターのSarah Darlingさん。大自然が魅力のオーストラリア、ノーザン・リバーズでミュージシャンのパートナーと1歳になる息子と暮らしながら創作活動をしている。彼女のアートワークは、大胆でありながらどこかノスタルジックな、何層にも重なる色の組み合わせが特徴。頭で考えるのは置いておいて、心で観て感じてほしい。


-あなたのことを教えてください。
名前はサラ。オーストラリアのノーザン・リバーズに住んでいるペインターです。大学で彫刻や立体芸術、ペインティングを専攻している時にインテリアデザインとファインアート両方を学びました。一方でヨガも教えています。

-あなたにとって、いつもの日常は?
レノックス・ヘッドかバイロン・ベイの波が良ければパートナーと朝サーフィンするのが日課。その後は交代で1歳になる息子と遊んだり、家の下のスタジオで仕事をしてます(すっごく便利!)。できる時にはヨガをしたり、2人で料理をするのも好き。

-どんな朝のルーティンを楽しんでいますか。
前はストレッチしたりティーを入れたりする時間があったんだけど、今は息子のサンディがものすごい早朝に私を起こすので、コーヒーとサーフィンだけ! 息子もビーチで毎日楽しそうです。

-自分のアートの才能に気づいたのはいつ?
小さい頃から何かを作るのが好きでした。陶芸だったり、絵を描いたり、いつも何かしらのアートを完成させてたんですが、人に見せることを一切しなかったんです。でもアートスクールが私のシャイな部分をどこかに葬ってくれました。家具を作っているジャックという友人と一緒に展示する機会があって、彼が私に少し自信を与えてくれたのもあるかも。ギャラリーのオーナーの2人、ホーリーとジョディーも背中を押してくれて、人前に自分のアートを出す恐怖心が消えました。

-自身のアートについて教えてください。
私のアートはカラフルで抽象的な、オイルペインティングです。薄い色の層を何度も重ね塗りして、表面の色を構築していくのが好きなんです。特定の何かをイメージして絵を描き始めることが多いんですが、途中で絵そのものがひとり歩きするような感じに。完成したと思えるまで、ひと筆がその次の筆に影響を与えるような感覚になるんです。

-あなたのインスピレーションソースは?
なんでもソースになります。特に自然の中や、色のまとまりやコンビネーションがある空間にインスピレーションを受けることが多いです。その光景を覚えておくんですが、思い出そうとした時には実物と全然違ったイメージが映し出される。記憶がインスピレーションに抽象性(アブストラクト)を与えるツールになるんです。

-ヨガも想像力を掻き立てるのに役立ちますか?
もちろんです。ヨガは物事をクリアに見せてくれて、可能性が無限だということを教えてくれます。

-どうやって自分のスタイルを築き上げたのでしょうか?
昔からずっと“色”に興味がありました。大学の時、今と同じように陶器に描いていたのが進化した結果なのかなと。ペインティングの道に進むことは最初から決まっていたように感じてます。

-“色”でどんなことを表現しているんですか?
それぞれの色がすでに歴史と意味を持っています。この世界が作られたずっと前から。そんな色の複雑さと無限に広がる色の可能性が私をさらに魅了するんです。絵の中では、色がどうやって他の色と反しながら融合していくのかを実験しています。それをいつも自分のレンズを通して観察し、毎日新しい色の組み合わせや構成を見つけているんです。

-あなたのアートからは、温かさと柔らかさと、何か新しいことを始めたくなるようなクリエイティブなインスピレーションが湧いてくるような気がします。あなたの絵を観た人は他にどのような表現をしますか?
嬉しい言葉をありがとう! きっとそれは観る人によって違うんだと思います。絵の色やスケールに吸い寄せられる人が多いみたいで、それを見ると嬉しくなりますね。

-最近描いたものでお気に入りはありますか?
大きなブルーのアートを描いたんですが、その落ち着いた色味と海の中にいるような感覚が好きなんです。静寂ももたらしてくれます。

-1歳のお子さんの子育てをしながら絵を描く生活。バランスを保つ秘訣はありますか?
私がラッキーだったのは、パートナーがミュージシャンということ。彼も私と同じように仕事の時間が不規則なんです。いつも絵を描く時間とバンドの練習の時間をうまく振り分けて交互に面倒を見るようにしています。もっと参考になるようなティップスを教えられたらよかったんだけど(笑)。でも、自分の時間を少しでも持つだけで、良い親になれるんじゃないかって思っています。たった5分だけだとしても!

日本でアートを購入できる方法はありますか?
来年(2022年)の5月にアートショーがあるから、その時にギャラリーがオーガナイズしてくれるかもしれないです。じゃなければ、私が休暇とエキシビジョンを兼ねて日本に行っちゃおうかな(笑)!

-次の目標を教えてください。
来年の5月にあるソロエキシビジョンを無事終えること! その後でいろんな場所でエキシビジョンを開けたらいいなと。新しいインスピレーションを得るために、別の場所に住めたらとも思っています。

text:Alice Kazama