1. HOME
  2. LIFESTYLE
  3. もっとカジュアルにチーズを楽しむ時間|人生をもっと豊かに導くサブスクのすすめ#2
LIFESTYLE

もっとカジュアルにチーズを楽しむ時間|人生をもっと豊かに導くサブスクのすすめ#2

LIFESTYLE

ライフスタイルの見直しによって理想が見つかったり、「おうちで非日常を体験したい」という欲求が生まれるなど、変化を感じたニューノーマル時代。人生を今よりも豊かに過ごすために出来ることは何かを考えたことはある?

自分が感じたことを叶えるために、身近なワンシーンを整えられるサービス“サブスク”に頼ってみよう。そもそもサブスクとは、商品を定期的に定額で配送するサービスのこと。簡単にお気に入り商品を自宅に届けてくれるから、アイテム探しに翻弄されたり、買いに行く時間をセーブできたり、無理なく継続することで変化を体感しやすいのがいいところ。

様々なサービスの中から、HONEY編集部がピックアップする“サブスクのすすめ”では、ブランド紹介や注文方法、アイテム詳細だけではなく、実際にトライアルした体験や、気になる解約方法までご紹介。
【過去の“サブスクのすすめ”一覧はこちら】


まずは自分の好きなチーズ探しをしよう

チーズ好きならさまざまな種類や違いに詳しく、好みだって熟知している。だからこそ、毎回同じようなチーズを食べていて、冒険するチャンスがないのではないでしょうか。そこで、フランス人たちが楽しんでいるフレッシュなチーズを現地から仕入れ、日々のライフスタイルに取り入れやすい価格で届けてくれている“ル・コントワール”に頼ってみよう。

まずは、自分の好みのボックスを作るために好みを伝えるところから。チーズ診断では、食べる頻度や取り入れるシーンの選択、チーズの好みを白カビ系・セミハード・青かび系・シェーブル・ウォッシュタイプからチョイス。さらに、チーズを楽しむ冒険度を「臭いチーズほどおいしい!生粋のチーズ好き」「紹介してもらったいろんなチーズを試してみたい」「食べず嫌いのチーズもあり、あまりぼうけんできない」の中からセレクト。これは、毎月あなたのボックスに何を入れるか選ぶ際の指針になる重要な質問に感じました。そして、チーズと一緒に食べるのにぴったりの食材を生ハム・ナッツ・ドライフルーツ&ジャム・パン・オリーブから選べば終了。ここでは、特に○○タイプや○○をお届けという提示はなく、なにが届くかは着いてからのお楽しみというのも、サプライズ感があっていい。

では実際に体験を。食べる頻度は週1回、食べるシーンは一週間の終わりにゆっくり映画を見ながら独り占め、チーズの好みは白カビ系、チーズを楽しむ冒険度は「紹介してもらったいろんなチーズを試してみたい」、チーズと一緒に食べるのにぴったりな食材は生ハムをセレクト。そして、プランは次のページで詳しく解説しますが、こちらでは真ん中のサイズ“チーズ テイスティング ボックス(M)”で注文してみました。「ホリデーで遊びに来てくれる友人にも振舞おう!3つで足りるかな?」と思っていたのですが、届いてみるとボリューム感にびっくり。かなりしっかりしたサイズ感のチーズが3つ入っていたので大満足。一人暮らしの方や週末のご褒美の頻度で食べるなら、一つ下のSサイズボックスでも十分楽しめるかも。

届いたのはこちらの3種類。右はフランスで広く親しまれているチーズの代表格“コンテ AOP”。AOPとはフランスで原産地呼称統制法の認定を取得しているチーズに付けられる認定のこと。そんな認可の降りているコンテは繊細で溶けるような食感で、ハードチーズながらバターのようなクリーミーな味わい。中央は羊乳の“ロックフォール AOP”。日本では世界3大ブルーの一つと数えられ、AOPを初めて取得したことでも有名なブルーチーズは、羊乳のコクと青かびのシャープで爽やかな酸味が刺激的。左の“プティ・デリス・デ・クレミエ”は丸々一つ届きました。クリームがたっぷり入ったリッチな味わいのソフトタイプチーズで、濃厚なミルクの余韻がたまりません。

このように、自分の好みを押さえつつ、新たな“好き”を発見してくれるチーズを定期配送してくれるサブスクプランや価格などを実際に見ていこう。