自然を愛する、あの人に聞く。心地よい暮らしを叶えるためのヒント | Vol.1 アーシング

慌ただしい日々を心地よいものにするためには、自分をリセットする時間も大切。平日忙しければ週末だけでも、たっぷりと自然のパワーを浴びる時間をつくってみよう。
日頃から自然に寄り添った暮らしをしている方に、自分をリセットするためのアイデアを教えてもらう連載企画をスタート。心地よい暮らしを叶えるためのヒントにしてみて。
第一回に取り上げるのは「アーシング」。アーシングコーチとして活躍する坂井田恵利さんが登場!


「アーシング」からセルフケアを

アーシングとは「裸足になって大地と繋がること」なんです。誰でも簡単にできる、自然治癒力を高めるための方法のひとつ。アーシングをしながらヨガをする、瞑想をする、深呼吸をするなど、毎日5分でもいいので、自分と大地を繋げてあげることが日々のセルフケアにおすすめです。
アーシングをすると身体のなかに溜まっている電磁波や不要なエネルギーが放出されるんです。それによって、身体の巡りが良くなって免疫力がアップするという効果も。疲れにくくなったり、ストレスが緩和されたりと、心と身体のバランスが整っていきます。

自然に触れることが「アーシング」に

冬は地球のエネルギーのなかでも「水」の力が強いと言われている季節。裸足にならなくても、水のパワーが感じられる雪山でハイキングをしたり、スノーボードをしたりというのもアーシングになります。私は寒いのが苦手なので(笑)、自宅でガーデニングをしたり、コンポストをしたりして土を触りながら、おうちでのアーシングを楽しんでいます。

最近は、LFCコンポストを使って堆肥作りをしながらハーブミントを育てるのにもハマっているんです。毎日出る生ゴミを循環させられるのが心地よく、「人も地球もすべて繋がって今を生きている!」ということを実感できるのでおすすめ!
夏は逆に「火」のエネルギーが強くなるので、キャンドルを炊いたり、焚き火をしたり。季節に合わせたアーシングを無理なく楽しんでいます。

小さな習慣から心地よい暮らしへ

「アーシングを始めたい!」と思ったら、まずは身の回りにある自然を感じるスポットに足を運んでみてください。自宅のお庭、近くの公園、川沿いや森、海など、実は身近なところにも自然は溢れているもの。そして、5分でもいいのでアーシングを毎日の「習慣」にすることが大切です。毎日継続することで気持ちが前向きになり、エネルギーが湧いてくるはず。

私にとってはライフスタイルになっているサーフィンやビーチヨガなどもアーシングのひとつ。海への恩返しも込めて、ビーチクリーンも日常的に行っています。
太陽の光や風、大地のパワーは、誰もが平等に受け取ることができる地球からのギフト!定期的にアーシングをテーマにしたイベントも開催しているので、ぜひアーシングを始めるきっかけにしてみてください。

▼今後開催予定のイベント
・3月18日:アーシング・コーチングオンライン基礎講座
・4月中旬:茅ヶ崎アーシングマーケット
・5月中旬:アーシングリトリート in 千葉


坂井田 恵利さん
アーシングコーチ。アーシングをテーマに、ヨガレッスンやビーチクリーンなど地球と繋がる発信を続ける。さらに、自立した女性のライフスタイルを叶えるために「Earthing Yogi life」を立ち上げ、セッションや講座も開催。
@elly808yoga
@earthingmarket

SHARE