【CANVAS ON THE WAVE】HONEYが気になるあの人にQ&A/心落ち着くテクスチャードアート「Kylie Abbott」

国内外の注目サーファーや新進気鋭のアーティストなど、HONEYが今気になる人たちに質問をぶつけるQ&Aの連載企画。この記事からお気に入りのサーファーを見つけるも良し、推しのアーティストを見つけるも良し。何かのインスピレーションにも役立つかも。第16回目は、テクスチャード・アーティストのKylie Abbottさん。テクスチャード・アートとは、表面の凹凸や質感が楽しめる作品のこと。彼女の作品は、波打つ模様や連なるアーチなどの有機的なラインに優しいカラーが特徴的。日常にふっと穏やかな余白を与えてくれるようなアートは、オーストラリアの自然と動物に囲まれたライフスタイルに起因するのかもしれない。


-まず、あなた自身について教えてください。
シドニーから1時間半走ったところにあるマッコリー湖のそばに住んでいます。現在36歳で、結婚していて子供はいないけれど、子供のような存在のたくさんの動物たちと暮らしています。4エーカーの土地に、3頭の馬と2匹のヤギと2匹の犬がいるんです。普段は保険会社で働いているので、空いた時間にアート制作をしています。アートを始めたきっかけは、自分の部屋に飾るものが欲しかったから。まずひとつ自分のために作ったら、友達が欲しいと言ってくれるようになって。試しにいくつか作ってみると、なんと1日で完売しちゃったんです。そこからお客さんも増えて、今ではすごく忙しくなりました。

-素敵なライフスタイル。自然が多そうな場所ですね。
マッコリー湖周辺は素晴らしい場所です。海も近いけど、山や林にも囲まれています。田舎なので渋滞もないし、夕方や週末はさらに気持ち良いスポットになります。

-作品の素材には何を使っているのですか?
いろんなマテリアルを組み合わせて作っているんですが、主に石膏とその下地ですね。それが乾いたら、家用の塗料で色を付けていきます。

-線や模様など、ユニークなテクスチャはどうやってつけているんですか?
タイル貼りの時に使用する道具を使ったり、手で描いたり、時にはスプーンを使うこともあります(笑)。色々試してみて、違うと思ったらまた新しいツールに変えて、自分の好きなテクスチャが生まれるまで試行錯誤しています。

-インスピレーションソースを教えてください。
色んなアーティストからインスピレーションを受けていますが、基本的には自分自身が“マインドフルでいること”そして“自分を持つこと”から生まれている気がします。普段は午後の静かな時間帯に、いろんなテクスチャーとカラーで遊びながらアート制作をしている感じです。クライアントからのリクエストや、届けた後の反応も私のインスピレーションソースになってますね。アート以外は、馬と触れ合う仕事をしている友人たちの、仕事との向き合い方が私を鼓舞してくれています。馬が食事をとるまで休憩しないで働いていたり、一頭一頭のために身を投げ打って奉仕している姿。私は仕事で疲れて帰ってくると何もしたくなくて、文句ばっかり言っています。そういう時には友人や馬のことを思い出して、ネガティブな感情を捨てるようにしてるんです。

-アートで使用する色について、こだわりがあれば教えてください。
あまりがちゃがちゃした派手な色は好きじゃなくて、トレンドにも偏りすぎず、アーシーな落ちついた色使いをするようにしています。

-あなたの絵によく登場するアーチや線は何かをイメージしていますか? 波だったり、山にも見えたりするんですが。
正直に言うと、あんまり考えすぎず自由なフローで描いてるんです。こだわりとしては、それぞれの作品に少しずつ変化を加えていて、同じ作品が2つとないようにしています。

-アーチ以外の余白の部分も、とても効いていますよね。
ありがとうございます。今ではそれが私のスタイルのひとつとなってますね。

-最近のお気に入りの作品は?
この作品(写真下)は、色がとても気に入ってます。2つのニュートラルなカラーが穏やかな波の背景に浮かんでいて。人気の作品のひとつです!

もうひとつは、ある女性のために制作した3連の作品(写真下)。制作中は彼女が3つ並べて壁に掛けるつもりだというのは知らなかったんですけど、3つの作品がお互いに共鳴し合っている感じが好きになりました。違ったテクスチャーに、違ったスタイル。でもまとまっていますよね。すごく好きです。

-あなたのアートを日本から購入できる方法はありますか?
インスタグラムのトップに記載しているんですが、送料が高額になってしまうので、基本的にはオーストラリアとニュージーランドにしか発送してないですが、希望があれば日本へのシッピングも可能ですよ。クライアントが送料OKな場合に限りますが。最近ではアメリカやフィンランド、シンガポールにも発送しました。念のため、オーストラリアドルの送料を記載しておきますね。ぜひご検討ください。50x40cm…$57.00、2x50x40cmまたは1x70x50cm…$75.00、3x90x60cm…$111

-次のゴールなどありますか?
いくつかのブランドの新しいスタジオへの納品があるので、それに向けて動いています。それと今後は、継続的に新しい作品を発表していきたいですね。ありがたいことにどんどん忙しくなっているので、スタッフも入れました。さらにたくさんの方が作品を見てくださること楽しみにしています。

SHARE